2020.07.26

■ 竹が面白い

Bamboohatsuri630

近頃、竹が面白い。

昨年の夏から参加している、とあるプロジェクトのワークショップで、
土間に転がっていた青竹(生竹)に、鉈を入れてみたのですが、

この、鉈でハツっただけの素材感、
サクッと削り落とせる気持ちよさも相まって、
その素材感が、とてもいいなあと。

初めて出会ったような素材感。
この ラフな 素 の感じ。
この「ハツりっ放し」の断面が、光を吸収して、マットで、目に心地いい。

ハツった後に乾燥させたので、木目の凹凸が収縮し、
「うづくり」のように凹凸が際立っているところも面白い。

ただ、ハツりの厚さの違いによって歪まないように、
成形しながら乾燥させる必要があり、手間がかかってしまった。
通常は順番が逆。


下の写真は、九州大分県別府の竹による伝統工芸を支えている 永井製竹所 から
メンバーのデザイナーさんが東京に取り寄せた竹の茶碗。
磨かれた物ですが、こちらも美しい。

ワオ〜という目で見ていたら「あげます!」とのことで頂きました。

Bamboochawan2630

Bamboochawan1630

「竹」

今まで、なぜ、この素材感の良さを感じた事が無かったのだろうと考えた。
よく考えると、私にとって竹はそれほど身近に無かったのかなと。

時折竹林を見る割には、竹を手に取って、触る機会はほぼ無かったかもしれない。
また、竹林は、生け垣で囲まれた人様のもので入れなかった。

身近に有る竹製品と言えば、孫の手・青竹踏み・耳かき・・・程度?。

関東地方で、市街地で生まれ育つ私達の時代には、
既に竹製品がプラスチックに取って変わっていたのですね〜。

周りの年配の方に少し話を聞いてみると、
昔は生活のあらゆる物が竹でつくられていたそう。
虫取りの籠も竹による自家製だったのだとか。

現在では、竹は、茶の席・アート的工芸品といった分野で主に扱われているようで、
それで見る機会も少なかったのかもしれない。
美術館で竹工芸を見かけたことも無かったような・・・
もしかすると有ったのかもしれないですが、
身近な物ではないために意識に上ってこなかったのかもしれない。

改めて工芸品など調べると、
建築の造形に通じるようなものも多く、
様々出てきて楽しい。
というか、まさに「国宝級」。
知らずに過ごすにはもったいない。

竹工芸品のような竹建築を、日本でも作れたら面白いと思う。

最上の写真は、生竹をハツって乾燥させただけものなので、
現在、竹工芸品の加工手順「油抜き→天日乾燥→加工」で作った場合
ハツり面がどうなるのか試しています。

↓「続きを読む」ページでご紹介。


» 続きを読む

| | コメント (0)

2020.04.09

■ ホテルの設計

Img_2534

以前手がけた大阪のホテルリニューアルと同じチームで

東京にホテルの設計が進んでいます。

現場に視察に行った際、知る人ぞ知るというハムやベーコンの製造所を、

鼻の効くパートナーが偶然発見。

現場に行く楽しみが増えました。






 

●●● ←Click here please. Thank You !

 

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________
Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所

| | コメント (0)

2020.04.05

■ 廃校の利活用の設計で千葉の山間へ

630

廃校の利活用の設計で千葉の山間へ。
長年、出身の千葉で設計できたらと思っていましたので、
良い機会であります。

私の実家は君津駅から1.5キロほどの住宅街ですが、
そこでさえも高齢化で若手(?)を必要としている模様。
様子見がてら、いつも実家に寄ってから現場へと向かいます。

現場の廃校は、とても良い建築で、良い環境。
わりと千葉の奥地なので、幼い頃に観光で1回行った程度だったのですが、
改めて行ってみると、その恵まれた自然環境を再認識。
行ってみれば、わりと近い。
千葉もなかなか良いところ。
認識が変わりました。

人の故郷や、出身校などは、
できれば、やはり、残したいものではないかと思います。
その学校を出た方々の思い出(根っこ)が長く存続するよう、
利活用を考え、活かしていくことに関われたら、
それは嬉しいことだと思います。

そんな良い機会でもありますので、
千葉で設計のお仕事が有りましたら、
是非お声かけ下さい。

630_20200405181301




 

●●● ←Click here please. Thank You !

 

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________
Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所

| | コメント (0)

2020.01.01

■ HAPPY NEW YEAR 2020

2020nenga630

あまりに遅くなってしまいましたが、日付を調整してこっそりアップ。



いつも年賀にする風景写真。

自然が私達に与えてくれる感動や驚き。

それに近い体験をもたらす建築を、

「風景」と呼べるような建築をつくれたらと考えています。



 

●●● ←Click here please. Thank You !

 

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________
Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所

| | コメント (0)

2019.09.25

■ 赤の家 家具・植栽入り完成写真

Img_e1184630

赤の家 家具・植栽入りの完成写真を撮影しました。

午前中の玄関ポーチ。
日に照らされた緑と、赤い三輪車、水色の傘。
生活の見える風景が心地良い・・・・。

まずは、1Fリビングダイニング。
家具や植栽が置かれると、やはり全然違います・・・。

お施主さん、こちらの趣向をもくみ取りながら、
家具を選んで頂いたようで、いいですね〜。

設計者と施主のコラボレーション。

Phh1f001630

カーテンボックスが少し濃いブラウンにしてあるのですが、
「濃い色がけっこう効いている、様々な物が合わせやすい」と好評。
思惑通りの効果が出たようで良かった。

Phh1f002630

次は、1Fゲストルーム。
こちらも、雰囲気出ています・・・。
親類や友人が泊まったそうですが、なぜか良く眠れると評判なのだそうで。

色・素材感・障子・明るさ・プロポーションなど、
様々なもののバランスなのでしょうか・・・・。
家具や調度の雰囲気も大きいですね。

Phh1f010630

Phh1f009630

そして、今回初めて撮影した南側の外観写真。
樹木はまだ成長過程ですが、何とか撮れました。

造園屋さんによって別途設計施工された庭は「雑木林」。
リビングにいると本当に「森の別荘」に来たようで、
本当にリラックス・・・・してしまいました。

Phh0f001w630

Img_1196630_20190925183101

撮影終了後、施主さんより

「大坪君が作ったシャワー室、すごくいいよ〜。
 入って行きなよ、絶対入って行った方がいいよ。
 子供も大好きで、良く入るんだよ〜」

とのオススメを頂き、入ってみました。

このシャワー室、在来で作った部屋なので、
既製品感が無くていいんですよね。
それは、設計者として分かってはいたのですが、
想像以上に、居心地も良かったです・・・。

そしてこのシャワー室は、ゲストルームと隣接していて、
ゲストルームがホテルの一室のようになっているのですが、
ゲストルームの居心地がまた、良いのです・・・・。

自分が設計した空間ながら・・・超リラックスしてしまいました。
旅行に来た気分。
しかもリビングは森の中の別荘。
いや、ほんと、いい家です・・・・。

Img_1203630
↑ 写真の奥の扉がシャワー室です。気持ち良かった記念に撮影。






 

●●● ←Click here please. Thank You !

 

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________
Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所

| | コメント (0)

«■ 工場の設計