2017.03.21

■ 参加するメリットと事例-1

044_0646600

近頃の設計事例の中で、
クライアントが、仕上げ工事、
仕上げ材の選定に参加したケースがいくつかありましたので、
それによるメリットについて、ご紹介します。

メリットは、

●01:できることが増える
●02:素材感のある仕上げを増やすことができる
●03:愛着がわく

の3点。これは確実です。

デメリットがあるとすれば、

●01:工事期間が、参加しない場合に比べると、期間が延びる
●02:範囲が広いと、頑張りが必要

の2点。
ですが、メリットの方が大きいのではないかと思います。

私自身、
施主様が参加するかどうかは、
人それぞれのこだわりの度合いと、
工期の考え方によると思っていましたので、
こちらからお勧めすることは、あまりしてこなかったのですが、
やはり、予算の中でできることが増えるというのは、
施主にとっても、設計者にとっても、格段に嬉しいことです。

あるお施主様は、
「もっとみんな頑張ったほうがいいのにな〜」
「絶対おすすめですよね〜」
「大坪さんもお勧めしちゃえば!」
なんておっしゃっていました。

その言葉を伺って、
「参加型」について、こちらからお勧めしちゃっても良いのかもしれないなと、
思った次第です。



●仕上げの選定に参加頂いた事例

それでは、まず第一弾の事例紹介は、
意外なところからご紹介。
それは 「仕上げの選定」 に参加するというもの。

もちろん、通常、全ての仕上げの選定について
お施主様に関わって頂くのが普通なのですが、
この事例は、いつもとちょっと違いました。
(これについては工期のとの関わりはありません)

下の写真は桐の無垢フローリング。
柔らかく、手触り良く、暖かい。
パインのような節も目立たず、良い意味で渋い色。
防虫効果・断熱防火性能など、桐箪笥に使用される利点があり面白い。
一方、傷や汚れが付きやすい。

納得の魅力は多々あるのですが、柔らかいため傷が付きやすく、
設計者や工務店の「立場」で言えば、すすんでお勧めはしにくい製品。

そういうときに、お施主様が 「断然こっちがいい!」 と納得の上で採用頂けると、
普通作り手サイドが選べない製品を選ぶことができるようになります。
例えば、この桐の無垢フローリングは、スタンダードな合板フローリングとさほど違わない価格で入ります。素材感を求めるお客様には、十分あり得る選択です。

色合いは、ロジポールパインに似ていますが、黄色みが薄く、渋い色です。
ロジポールパインのような節はありません。

Img_81430600

物を落とせば、へこみますが。確かに魅力的。
こちらがそれについて心配していても、
施主は全く気にしていない、ということもあります(^^)

確かに、私自身、多少の傷や汚れは「味」と思うタイプなのに、
一般的にはお勧めしにくい、という不思議な状況になるのですが、
「一般的な状況」から脱することができれば、自由度が広がります。

Img_8145600

勿論、タンニンの色合いが強い部分もある。
均一な製品が世の中に増えている分、
このようなムラは逆に魅力的です。

その完成写真がこちらです。

007_0460600

022_0509600

素材感が有るのと無いのでは、空間の質が、やはり違います。
このフローリングを選んで頂いて良かったと思います。

もちろん、多少の汚れも味と考えられる方、
メンテナンスを楽しめる方限定です。

ワックス塗りも、お施主様の方で頑張りつつ、
楽しまれておられました。




●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.18

■ 建築設計事務所の体力づくり 水泳

Img037700

建築の修業時代からそうなのですが、 建築設計には体力が必要です。
カタログやサンプルも重いですし、模型も運びます。
それよりなにより、こだわりの実現のために、ま〜良く働きます。
特に、私たち「アトリエ系」と言われている建築設計事務所は、
こだわりが高い分、それにかける労力は際限が無いのです。
つまり、「建築設計=体力」です。

最近ホームページのプロフィールに「趣味」も追加したこともあり、
私が建築修業時代から続けている水泳について書いてみたいと思います。

その中でも、最近改めて気づいた、「筋肉の超回復」についての再認識を、
自分の理解のために図式化してみました。

皆さんそうではないかと思いますが、
仕事をしながら定期的にトレーニングするのは、なかなか時間が取れない。
週に1回程度が取りやすいのですが、週2回取れたほうが良い。その
「週に2回取らないと、ぐんぐん調子が上向かない、ということの図式化」
です。週1回ですと、現状維持からなかなか抜け出せないわけです、経験的に。

今まで、自分の中でも認識の誤りがありました。
筋肉の超回復を起こすためには、筋肉を破壊した方が良く、
破壊した分だけ、超回復の幅も大きいのではないか、という誤り。

上の表の説明を簡単に。

●01:疲労の回復曲線(U型)
疲れの度合いによって2種類記載。適度に運動すれば0.5週で回復し、頑張れば回復に1週かかる。という2種類。疲労度に比例して回復に時間がかかる。

●02:筋の減少直線(- - - 破線)
トレーニングの間隔を開ければそれに反比例して、筋肉の能力が落ちていく。

●03:筋の増加矢印(↑)
疲労の度合いとは関係なく、筋の増加は既存の筋肉の何割とか、増加分は一定なのだろうということ。矢印の長さはいつも同じ(イメージ)。

表の内容についてポイントを整理すると、
筋の増加矢印↑が、図上で3カ所ありますが、既存の筋肉量を超えられるのは、トレーニングからから0.5週の時だけ。(※1週でも超えられるのですが、わずかな印象なので便宜的に)。つまり、筋肉が超回復を起こせるのは、適度な疲れすぎない量を、週に2回行わないと、期待できない。ということになるでしょうか。

ポイントは、

★01 :トレーニングの回数はできれば週2回以上、かつ
★02:1回のトレーニング量は、0.5週以内に回復できる程度にとどめる

つい、気持ちよく、やり過ぎちゃうので、02の加減が難しいのですが、
週に2回トレーニングの機会が取れると、
だんだん調子が上がって、楽しくなってくる、うまくステップアップできるということです。

建築を建てるのは、施主も設計者も施工者も、ちょっとした頑張りが必要です。
体力を付けて頑張りましょう。



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.16

■ 植栽・外構完成 のお知らせを頂きました

以前設計させて頂いた住宅の
外構・植栽が完成した旨、施主様よりご連絡頂きました。
有り難うございます!

Ymg01

Ymg02

下の写真は、板塀と門柱が完成した際に
立ち寄らせて頂いた際の写真です。

Img_0087_640lev_2








●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.13

■ パッション

Img_7175630

最近、とある建設会社のブログで、

・・・・美しく仕上がった空間の裏側にある職人の「パッション」をしっかりと伝え続けていくことが私たち現場スタッフの「ミッション」だと感じています・・・・・

という文章があり、いいな〜と思った次第です。
パッション が ミッション
それ、言えてます。


私はこの「パッション」という単語の持つ音の響きが好きです。
音が、その状態を表している感じがします。


上にあげた建設会社のお話は、
職人のパッションをお届けするわけですが、


私達の場合は、
私達が建築にかけるパッションを、お客様にお届けする。

あるいは、
お客様のパッションに、お応えする。設計する。
ということだと考えています。

パッションを持ち続ける。
そしてそのパッションを、皆様に提供する。

というのが、私たちの役割です。


従いまして、
設計者と共につくる建築は
施主様・設計者・職人さん達のパッションの塊
ということになります。



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.08

■ 設計の進め方ページを わかりやすく リニューアル

ホームページの 「設計の進め方」 ページ を

事例の画像を添え、わかりやすく リニューアルしました。

以前は文字ばかりでしたので(^^)

こちら です。 

Flow600




●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«■ センチメンタル とは