« ■ 風土と現代のはざまで <その1> | トップページ | ■ 風土と現代のはざまで <その3> »

2006.10.01

■ 風土と現代のはざまで <その2>

Aged_01

Aged_01_2

風土と現代のはざまで <その1> の続き

これらの寺や民家の屋根のプロポーションはとても美しく、「家」というものが、何か大きな、象徴的な意味を持っていたのではないかと思わせます。屋根は雨をしのぐためだけのものではなく、生きるための拠点・誇りのようなものを表していたのではないかと考えられるほどに、存在感が有ります。

普通に残せるものなら、勿論残したい。
しかし、茅葺き屋根を今の時代に残すことはとても難しいことなのです。メンテナンス費用が多額にかかり、現代の社会システムからズレてしまった素材が、現代の新しい建材に取って代わることは、ある意味自然な流れだとも思います。ただ、その方法に問題があるのだと考えます。

茅葺き屋根の美しく、象徴的な形、建物全体のプロポーションは、長い長い年月を掛けて積み上げられ、リファインされてきたものです。
これらの地域に新たに建つ新しい建築が、それらの建物と同等に渡り合える美しさを備えていれば、何の問題も無いのだと思います。

私たちは、モダンな建物も設計します。現代の新しい技術も追求します。そして、これらの建築も何とかしたいと考えています。移築や修繕の際に、それらに粋なデザインも新たに加え、現代によみがえらせることへの手助けなども行って行きたいと考えています。



●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


|

« ■ 風土と現代のはざまで <その1> | トップページ | ■ 風土と現代のはざまで <その3> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■ 風土と現代のはざまで <その1> | トップページ | ■ 風土と現代のはざまで <その3> »