« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008.07.23

■ 横浜散策

Img_4440re

友人が横浜でヴェロタクシーの運転をすると聞き、久々の横浜散策。
彼は日々の仕事をこなしたうえで、月2回ここに来てヴェロタクシーを運転している。

初めて間近で見るであろうそれを想像しつつ、待ち合わせ場所で待つ。
しばらくして、それは颯爽と現れた!
と言いたいところだが、それは流線型のデザインにもかかわらず、
風を切るほど速くはなかった(微笑)

しかし、間近で見るそのデザインはやはり楽しい。
自転車好きにはたまらないその機構をしきりに眺めた後
チリンチリーンと鐘を鳴らして出発。
発進や、同業者がすれ違う度に鳴らされる鐘の音は、
少し気恥ずかしいが、爽やかな気分にもなる。

意外と下町風情のある乗り物であった。
「のれます ¥300」の札が風に揺れている。

目的地で降り、コーヒーを飲みながら、
彼が温めている将来の野望について語り合い、意気投合し、
そして彼は仕事に戻っていった。
チリンチリーンと。
こぎ出してすぐに、次のお客が声を掛けていた。

横浜はとても気持ちが良く、都市でありながら、
観光地としての街づくりが良くできていると感じる。
良いところだ。

その後、おなじみ大桟橋国際客船ターミナルへ
カフェに並んだ濃いブルーのベンチが、空と海の青よりも青く風景を引き締め、
なんとも言えない気持ちの良い空間をつくり出していた。

Img_4410re


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

2008.07.22

■ 竹テント

Img_4384re

近頃、ちょっとしたプロジェクトに関わり、
「小屋」のような物を注意して見ている。

偶然訪れた、原宿代々木公園の東京朝市アースデイマーケット

軽快で可愛いテントを発見。(遅い?)
ディテールも良くできており、直径の異なる部材を金具で上手く固定している。
野菜の朝市によく似合うキュートなテントだ。
一つ欲しい。

レンタル・設営サービスもやっているとのこと。→バンブーファクトリー
竹林を再生し、里山の保全と、産業としての仕組みを丸ごとデザインしている。
色々なところで、このテントが活躍すると楽しそうだ。

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0)

2008.07.20

■ 味のある壁

1re

塗装が一部剥がれた壁仕上げもいい・・・(感動)
決して人為的には作れない風合いである。
剥がれ具合と色むらが、藍染めのようである。

新築なのに「塗装がいい具合に落ちた壁はいかがでしょう?」とは言いませんが、
時間と共に、風合いを変えてゆく仕上げも悪くないかも。です。

3re_2 2re_2

栃木県足利市駅前通りと記憶している

 

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.




| | コメント (0)

2008.07.13

■ 鉄板の壁

1re

錆びた鉄板の壁仕上げもいい・・・(感動)
いやむしろ錆びた仕上げ「が」良いと思わせる外壁である。
微妙な濃淡のまだら模様と、テカリ具合。味のある表情である。

新築なのに「錆びた壁はいかがでしょう?」とは言いませんが、
時間と共に錆びるものも悪くないかも。です。

2re

栃木県足利市、足利駅前通り付近と記憶している




●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

■ 温故知新

私達が見て、学んで、感動してきた古くて良い物を、
皆さんと共有するにはどうしたらよいか、しばらく考えていた。
ブログには、とかく新しい情報が載ることが多いようなのだが。

そこで、「温故知新」というカテゴリーを設けた。

古い物から学ぶ美しさは、必ず新しい物のベースになる。
人間の求める物は、時代を経ても、奥深くではそれほど変わらないはずである。
感じるのは人なのだから。

長い時間を経てできあがった物には
それに耐えうる、カタチや質感や機能をそなえている。
そして人々は、それらに愛着を持ち、誇りを持っている。
誇りは持っていなくても、心のどこかに引っかかっている(はずだ)。

新しい物にも勿論良い物は有る。
しかし、新しければ何でもよいと言うことでもない。
時間の蓄積によってリファインされてきた物の完成度は高い。
新しいことを考えるときも、古い物の持つ完成度は見習いたい。

そんな、時間を経た物だけが醸し出す美しさを取り上げてみる。
(たまには、それほどでも無い物も登場するかもしれませんが)



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

■ 昔の工業製品

Img_4281re_3

一昔前の工業製品のディテールは、
意外なところで凝ったものが多い。
機能重視で、全体はザックリとしていているが、
プロポーションが絶妙。
そして、よく見ると細部に拘りがある。
そこがとても魅力的である。

写真は古家具屋で見かけた椅子である。
FRP製の弾力性の有る座面が、十字型の部材から、
4点支持で3センチほど浮き上がっている。
座面が浮き上がっているため、座ると弾力があり、体にフィットする。

そんな
「全体ザックリ + 絶妙プロポーション + 変に拘りを感じるディテール」
な家具に魅力を感じる。
現代にも、そんな家具がもっと出てこないものだろうか。

※写真は購入検討用に撮らせて頂いたもの。悩んだ末にやむなく断念。
equipee(エキぺ)→ http://www.equipee.info/index.html




●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »