« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008.10.29

■ 白神山地:秋田へ飛んだ <その3>

Img_7072re

秋田に飛んだ2日目
白神山地の岳岱(ダケダイ)自然観察教育林
(ブナ原生林) に行ってきました。
http://www.shirakami-sanchi.com/trekking/index4.html

空気まで黄緑色。
黄緑色の光に包まれる、明るく爽やかな自然でした。

Img_7073re


●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

2008.10.23

■ 秋田へ飛んだ <その2>

Img_6997re

ここが目的地。
初めて訪れる場所。
人が森の中に切り開いたその集落は
「自然そのもの」と見紛うほどに美しい風景でありました。
自然に返ってしまいそうな集落の風景。
その方向も一つの可能性とも考えた。
いやいや、でもそんなことはない。
後からジワジワ来ています。
本当に大きな疑問とは、
後からジワジワ来る物かもしれません。
僕らに何が出来るのか、それからずっと考えている。




●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

2008.10.18

■ 秋田へ飛んだ <その1>

Img_6970re

秋田にて、消滅寸前の里山の集落を
再生させようというデザイン会議に参加してきました。

小さな集落の再生をきっかけとして、
日本全国の地方に散在する、農山村の持続可能な営みへの取り組みと、
デザインの可能性についてディスカッションが行われました。

秋田は今回が初めてなので、
日本海側の線路沿いの街並みを見ながら行くことに。
新宿から秋田まで夜行バスに乗り、秋田から奥羽本線で北上しました。

写真上は八郎潟。下は東能代から二ツ井間の車窓。
久しぶりの雄大な風景に身を乗り出さんばかり。
残念ながら自由に窓が開かないので、ガラスにへばりつきつつ連写。である。

Img_6978re





●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

2008.10.05

■ 無題

Img_4429mono_2

Img_4433re_2

地形のような起伏を持つ場所。

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0)

■ 端正な醤油工場

Img_6738re_2

Img_6755re

Img_6705re_2 Img_6757re_3

千葉県野田市某醤油工場
屋根は一部セメント系の波板になっているが、
全体の意匠にさほど影響は無い。端正な出で立ちだ。

全体を統一するのは黒い板壁。
詳しい機能は分からないけれど、
かんぬき状の物が連続し、アクセントとなっている。
長年の知恵から生まれる機能的な装置が、
デザインとしてさりげなく納まっている様を見るのは楽しい。

瓦の上には植物が少し茂っていた。
年季の入った瓦屋根と、いつの間にやら生活を始めた可愛らしい植物。
人間の知恵と時間の流れが織りなす風景ではないか。

Img_6756re

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0)

2008.10.01

■ 吹抜けと2つの中庭を持つ家

Img_6510re_4

吹抜けとテラスの模型写真。
ん〜とても気持ちよさそうです。
愛犬のシルエットが効いていますね。


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (2)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »