« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009.09.28

■ 世田谷区 オープンテラスの家

Mk041fb  Mk042fb

Mk02tl3longre

Mk02kllong2re_2


東京都 世田谷区 オープンテラスの家 のご提案
間もなく始動します。

敷地の高低差を利用した、半地下ガレージを持つ住宅。
ガレージの上は広いテラス。LDKと一体となり広々とした空間となっている。

敷地は第一種低層専用住居地域。
北側斜線で屋根が斜めにカットされがちなところ、
四角いスクエアな印象の建物になるようデザイン。

CGパースは一回目の提案時のもの。
大枠の考え方を示したものです。
これをベースに、行きつ戻りつしながら、
開口部・造作・色・素材など、
いろいろと工夫を凝らしていきます。

□ Entrance - Light Court

Mk04ent3 Mk04ent2

□ Entrance - LDK

Mk04el Mk04el2

□ LDK - Terrace - Light Court

Mk04kl4n Mk04ds1

□ Living - Dining - Kitchen

Mk04lk3

□ 2F Balcony - Hall - Rooms

Mk04balcb_2 Mk04hallmb_2

□ 2F Hall

Mk04hallcb Mk04mbhall

□ 2F Light Court - Bath - Balcony

Mk04bw2 Mk04tobath2





●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

2009.09.17

■ 気になる スギコダマ展

Img_2945re

■お知らせ

有馬晋平 スギコダマ展」
開催の案内が届きましたので、ご紹介です。

会期 :2009年10月1日(木)~10月13日(火)
時間 :10:30~19:00
会場 :リビングデザインセンターOZONE
    (7F リビングデザインギャラリー)
    東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー
主催:有馬晋平
協力:日本全国スギダラケ倶楽部
後援:リビングデザインセンターOZONE

詳細については、下記ホームページをご覧下さい。
http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/813.html

スギコダマ:杉から削り出した スベスベ な玉のような相棒(玉)

私が持っているスギコダマの写真を下にご紹介。
一つ一つ丁寧に、ノミで削り出しながら作るのだそうです。
自然の持つ曲線を、より優しく引き出しているところに、目が釘付け。
見て触って癒される、側に置きたい可愛いやつです。

是非見に行ってみて下さいね。
形も大きさも様々です。

Img_2955re_2  Img_2946re_5

Img_2956re_3




●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

2009.09.16

■ 世田谷区用賀の家

Img_2738re600

コンペにて採用された、
東京都 世田谷区 用賀の家。
東西に長い旗竿形状の敷地。
北側に開ける眺めを取り入れながら、
南側からの陽光を取り入れる工夫を盛り込み、
快適な住まいをご提案。




●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

2009.09.15

■ 緑道の緑を取り込む家 完成

Img_2702re300 Img_2700re300

緑道の緑を取り込む家。
秋の緑を取り込みつつ、完成です。

写真はまた後日改めてアップします。

緑道の緑を取り込むべく
張り出した2階リビング。
大きめの窓。
白くて四角い家です。


●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

2009.09.14

■ 店舗改装コンペ視察

Img_2903re

日曜日、参加予定の店舗改装コンペの視察へ。
ぼかし写真は光によって色が変化する布地。思わず見入る。
老舗らしい独自のリニューアルとは・・・。
難しくも、やりがいのあるテーマだ。



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0)

2009.09.12

■ 住宅瑕疵担保履行法

Img_2855re_2

住宅瑕疵担保履行法が間もなく履行されます。
ということで、建築Web主催の説明会に行ってきました。

住宅瑕疵担保履行法は
・欠陥住宅の防止
・建設会社が倒産してしまった場合の保証
と言う意味で、建設会社に対して保険加入が義務づけられるものです。

上記のようなことが起こらないことがまず大前提なのですが、
建て主が安心して住宅を取得できるよう、保証体勢ができたということです。

説明会の後、会場でもある
スガツネ工業東京ショウルーム を久しぶりに見学。

写真は、植物に樹脂を充填したクリエイションパネルという素材。
同じパターンの繰り返しでないところが、より自然な印象で、
どこかで使ってみたいと思い、メモ写真。

その後、予定外で懇親会に参加させて頂いたのだが、
思いがけず色々な方とお話することが出来、
色々と収穫のある説明会であった。





●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

2009.09.07

■ 構造見学

Img_2786re_2

信頼性の高い木構造を目指す、
SE工法の構造見学会に参加。

従来の在来工法が信頼性が高くないわけでは無いのですが、
以下のような、工法・仕組みに利用価値が有ると考えている。

・木造でありながら、大空間を実現しやすい工法であるということ。
・燃え代設計のため、都市部では多くなりがちな準耐火構造でも、
 内部空間に木構造を表しにすることができるということ。
・構造品質を保証する仕組みがあるということ。

見学会は準耐火構造をの木造集合住宅。
木造3階建ての集合住宅とは面白そうだ。
今回は運良く30分で行ける距離なので見学に参加。
見学できるものは、何でも顔を突っ込んで見て回る。
日々研究であります。



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »