« ■ 敷地視察について | トップページ | ■ 設備 と デザイン »

2010.05.25

■ 構造 と デザイン

Img_0117re_2

建築とは何だろうか。
建築は構造として成り立つことで、存在しています。
「建築物 = 構造体」です。

ですから、デザイン(設計)によって
構造を犠牲にすることはありせん。

構造体は、力強く規則正しく、無骨ですが、
それ自体整然として、構造物として美しくさを持っています。
そこに、コンセプトを与え、整理することで、より美しくなる。
構造によって創り出された「空間」をデザインに活かすとができます。

「構造を、デザイン的観点から整理し直す」
ということが、設計の役割です。

前提として構造体がシッカリした物を
いかに美しく・スッキリとした、プラン・デザインにまとめ上げるか、

そこが私達の腕の見せ所です。
合理的でシンプルな構成を目指しています。

シンプル・合理的にすることで、以下のような効果が有ります。

●空間1:空間をスッキリ広々と見せます。
●空間2:空間を認識しやすく、「見せ場」としての演出がしやすい。
●空間3:空間にテーマ性を付与しやすく、強い空間となります。
●構造  :力の伝達が合理的になり、バランスの取れた構造体になります。



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


|

« ■ 敷地視察について | トップページ | ■ 設備 と デザイン »

■y1. こだわり」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■ 敷地視察について | トップページ | ■ 設備 と デザイン »