« ■ 都市木造の可能性 | トップページ | ■ 照明・光環境のCG検討 »

2010.06.01

■ まちづくり勉強会

Img_6214re

地元である、京王線笹塚駅の駅ビルが建て替わるというので、
お店の一時閉店が続いている。

私達の目下の悩みは、駅高架下クラウン街奥に有った蕎麦屋が無くなって、
手軽に蕎麦が食べれなくなった事ぐらいだが、
駅ビルだけでなく、笹塚が大きく変わろうとしているとツイッターで知る。

それならと、
昨日夕方行われた「笹塚1丁目地区まちづくり勉強会」に顔を出してみた。
渋谷区行政主催の勉強会のようだ。

いろいろとバトルが繰り広げられ、皆の真剣さが伝わり面白い。
がしかし、話は思いの外壮大で、ゾーニングの話から始まる。
プロジェクトの実現は20年後の話だという。
え〜と、ビルはもうすぐ建て替わるそうなのですが?
それとの連係は無いらしい。
無いけれども、近頃の「まちづくりの機運」の高まりから、
壮大なまちづくりプロジェクトを始めようということのようである。

気になったキーワードは「先進性」
行政側は独自の地域性として「先進性」を持たせたいという。

一方、住民は「子供と老人が安心して住める町」
特に子供を強調しておられた。これは時代に即したお話ですね。

この二つを両立させるのがポイントでしょうか。

今回最初の参加だったので、
最後のアンケートには、身近で分かりやすい要望を書いておいた。
「玉川上水道は、現状の「開渠」の方向で。」

隣のチームでも「玉川上水道」を暗渠にすべきではないと盛り上がっていた。
意外に広範囲の地域で「玉川上水道」は支持されているようだった。
四季折々の風景が見れる場所は、やはり無くしちゃいけないですよね。

次回も又、顔を出してみようと思っています。




●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


|

« ■ 都市木造の可能性 | トップページ | ■ 照明・光環境のCG検討 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■ 都市木造の可能性 | トップページ | ■ 照明・光環境のCG検討 »