« ■ 鳥越祭りと、不思議な縁 | トップページ | ■ 水路のアジサイ »

2010.06.12

■ 本日の現場

Img_6687re Img_6688re

地下ガレージの型枠が立ち上がりつつあります。
炎天下の中、鉄筋を組み、型枠を設置する作業が続きます。
梅雨入りが遅れているとのことなのですが、
躯体が打ち終わる迄は待って欲しいものです。
あと一息、皆さんよろしくお願いします。

電柱の移設状況を確認。
10センチ隣地側に傾いたがどうするかと連絡が入ったためです。
確認してみたが、目の錯覚なのか、傾いているような、いないような。
自分だけが傾いているような。垂直なのかどうか判断不可能。
連絡頂いた内容とは若干違い、お隣とは逆の方向に傾いているようなので、
その点に関してはひとまず問題無しでしょうか。
「どうするか?」と問われれば、真っ直ぐにして欲しくなるものです。
そう尋ねてくるということは、
他に選択肢が残されているということにはならないでしょうか。
東電さん、なんとも悩ましい質問を投げかけてくるものであります。

※豆知識:電柱移設の際には、電柱が2本立ちます。



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


|

« ■ 鳥越祭りと、不思議な縁 | トップページ | ■ 水路のアジサイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■ 鳥越祭りと、不思議な縁 | トップページ | ■ 水路のアジサイ »