« ■ 再会 | トップページ | ■ ヨーロッパに学ぶ心地よさを、まとめてみる »

2011.06.05

■ カステルヴェッキオ美術館

Castle_vecchio_02_2

近頃、改修・更新という分野に、積極的に関わっている。
社会的にも、真面目に付き合って行くべき課題だからである。

そこで、個人的に
「既存改修の傑作」と思っている建築をご紹介。

イタリア ヴェローナにある
カルロ・スカルパにより古城を改修した美術館

カステルヴェッキオ美術館

古い物・古い文化を残しつつ
新しい空間に仕立て上げられている。

既存の残し方
既存と新規の合わせ方

曲線の開口部に
直線で構成される扉をはめ込んでみたり、
しかも、はみ出ていたり、小さかったり。
その絶妙なバランス感覚と発想に刺激を受ける。

中世から続くヨーロッパの建築様式に、
「和」的要素を融合させた、
完成度の高いデザインとして
頭に刻み込まれている。

既存として残したくなるような
質の高い建物を増やしていきたい。

我々の文化とは何なのか、
今一度考える切っ掛けを与えてくれる。

フォトアルバムはこちらです

Castle_vecchio_01_2




●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所


copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

|

« ■ 再会 | トップページ | ■ ヨーロッパに学ぶ心地よさを、まとめてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■ 再会 | トップページ | ■ ヨーロッパに学ぶ心地よさを、まとめてみる »