« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011.11.29

■ 奈良吉野へ(1)

Img_3055_600

奈良吉野へ
今後の展望を語る会に、スギダラ隊長と共に参加。
自分達の地域・産業を盛り上げていこうと頑張る若者(私も若者、笑)の話を聞き、いいねいいね~!という気分になってきました。
流れが来てますね~という感覚です。

初めて行く吉野の印象は、
自然は言うまでもなくとても豊かなのですが、
谷地形の山深くを切り開いているため、
土木建造物(道路・ガードレールや橋や護岸やダム)がとても目に付いた。

駅舎や工場なども鉄骨が多く、
町並みに木材を、それほど積極的には使用していない感じ。
産業地域なので、今まではメンテナンス性を重視してきたのだと思うが、
木材が沢山ある分、木製にすれば気軽にメンテナンス可能であるし、
愛着も湧くのではなかろうか。
今後吉野の産業をPRしていくにあたって、
街の風景の中で、人々の目に付くもの達に木材を使って行けば
もっともっと魅力的になるのではないかと思ったのであった。

それを裏付ける感覚としては
私が一番面白かったのが、製材所通りの散策であった。
積み上げられた大量の木材の色やパターン、木造の倉庫の質感やデザインなど、
ここを通っただけで、もう、シャッター押しまくりでありました。
ここは平日には、フォークリフトが何台も路を行き交うのだとか、
築地場内のターレのように。そして築地場内は人気なのである。

最近、子供のおもちゃを通して、木の温かさ、やわらかさを再認識している。
オモチャいうと広葉樹が多いが、針葉樹の柔らかさ、軽さは魅力的だと思う。
広葉樹に比べて凹みやすいけど、それも愛着だと思える。
少々値がついても(いや、手ごろな価格のものも用意して欲しいが)
木が身近に在るとなんだか楽しい。

娘が散らかした針葉樹のオモチャ(ただの桧の玉ですけどね)
を集めて整頓して眺めるては、
いいね~などとニンマリしているのは、
最近の私の趣味なのであります。

Img_3064_600

Img_3069_600_2

Img_3081_600

Img_3080_600

Img_3103_600

Img_3112_600

Img_3116_600

Img_3127_600

Img_3140_600

Img_3192_600

Img_3044_600



●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

2011.11.17

■ 住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第1回

Msugi74


月刊杉Web版74号 が発刊された模様です

「住宅のアプローチ・構えの風景との関わり」
- 千葉県中山間農家のアプローチ『じょうぼ』の分析と考察 -

の連載が始まりました。

Webの良いところは、写真を大量にUPでき、
大勢の方に見て頂けることだと思います。
(編集の方々、ご協力有り難うございます!)

文字で伝えるより、私が見た風景を、そのまま見て頂く方が、
伝わるのではないかと思います。

事実を明らかにしていく面白さと、
いくら調べても結局確かなことは分からない
「人間が成したこと」の面白さ。

そんなことを想像しながら、御覧頂ければとおもいます。


関連記事:短期連載プロローグ




●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0)

■ 住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第1回

住宅のアプローチ・構えの風景との関わり
-千葉県中山間農家のアプローチ「じょうぼ」の分析と考察-

それでは、始めましょう!
まず始めに、筆者が目にした、家々のアプローチや構え、風景の全体像を写真でご紹介します。
Webなら効果的に伝えられるのではないかと思いましたので。
(編集の皆様、ご協力有り難うございます!)

前半は「じょうぼ・構え」の風景、後半は「谷津田・民家・蔵・寺」の風景となっています。
じっくりとご覧下さい。

■ じょうぼ・構えの風景

Jobo001_510

Jobo002_245 Jobo003_245

Jobo004_245 Jobo005_245

Jobo006_245 Jobo007_245

Jobo008_510

Jobo009_245 Jobo010_245

Jobo011_245 Jobo012_245

Jobo013_245 Jobo014_245

Jobo015_245_3 Jobo016_245

Jobo017_245_3 Jobo018_245

Jobo019_245 Jobo020_245

Jobo021_510

Jobo022_245_2 Jobo023_245

Jobo024_245_2 Jobo025_245

Jobo027_245_2 Jobo028_245

Jobo029_245_2 Jobo030_245

「じょうぼ」とは

●彰国社の『建築大事典』によれば
「城ぼ」=関東地方の民家において、門などを構えないで塀や垣根をあけているだけの屋敷入り口。「じょう」は入り口の意。とある。

●城郭や豪族屋敷の研究をされている九十九里総合文化研究所の伊藤一男氏によれば、
「城圃 (じょうほ)」=門前の小圃(しょうほ)
「小圃 (しょうほ)」=門前を飾るお花畑
=門畠(かどはた)
江戸時代、武士の備えとして、矢来の組める空間、戦争になった場合は臨時の防壁を設けることのできる空間(武者溜まり)を維持するため、平時には畑もしくは花畑、植え込みとして門前を飾る空間とするのが「じょうほ」。武士の真似をするのが一種のステータスだったから、農民の間にも広がり、方言やなまりで「じょうぼ」となったのではないか。と予想されている。

Jobo031_150

● 沖縄の方言について書かれた『伊波普猷全集 第四巻』によれば
じょう=門・門前の道路・門前通り・往来道から宅地内の門までの小径
じょうぐち・じょうのくち=道路の口・大通りへの出口

「じょーくち」「じょうぐち」の分布
    :青森・山形・神奈川・静岡・新潟・鳥取
「じょーぼー」の分布
    :千葉

千葉県香取郡
   →ぢゃうぼう=宅地へ出入りする路
千葉県夷隅郡
   →じょーぐち=家の入口
   →じょーぼう=屋敷の入口




■ 谷津・民家・蔵・寺の風景

Fukei001_510

Fukei002_245_2 Fukei003_245

Fukei004_245 Fukei005_245

Fukei006_510

Fukei008_510

Fukei009_510_3

Fukei010_245 Fukei011_245

Fukei012_245 Fukei013_245

Fukei014_510

Fukei015_245_2 Fukei016_245

Fukei017_245 Fukei018_245

Fukei019_510_5

Fukei020_510_2

Fukei021_510_2
 

Fukei022245_2 Fukei023_245

Fukei024_510

いかがでしたでしょうか?
どんなところか、イメージできたでしょうか?

いよいよ、次回から調査のまとめ・分析を行います。

●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり プロローグ
●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第1回    ←今ここ
●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第2回
●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第3回
●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第4回
●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第5回
●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第6回
●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第7回 




●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0)

2011.11.09

■ 用途変更・コンバージョンのためのチェックポイント : 持続可能な施設運営のために

Srt_img

更新する家というコンペの書籍出版に関わったことを切っ掛けとして、
複雑な法規関係をまとめる良い機会と考え、
用途変更・コンバージョンのためのチェックポイント をまとめました。

「東京建築士会編 更新する家 リノベーション住宅大研究」
へ寄稿した原稿です。

 

■用途変更・コンバージョンのためのチェックポイント

持続可能な施設運営のために
社会に必要とされる建物用途は、時代によって変化します。その変化に対応するために、建物の用途を変更したい、更には、複合的用途を持たせたいという建物所有者も多いのではないかと思います。
まだまだ現役で使用できる建物を壊さず、部分的な変更で使い続けられれば、建物が無駄にならず、運営資金的にも余裕が出来ます。

そこで本稿では特に、不特定多数の人々が利用する住居系建物を、100m2を超えて用途変更を考える際に考慮すべき事項をまとめました。
社会ニーズの変化に迫られて用途変更をしようとする場合、その規模を超えることが少なくないと考えられるからです。

昭和56以前の建物か、それ以後の建物か
昭和56年以前の、構造強度が現在の基準に達していない建物を、類似の用途以外の「特殊建築物」(不特定多数の人々が利用する建物。共同住宅・福祉施設・店舗など。)へ変更したい場合は注意が必要です。現行法規をクリアするために詳細な構造調査や、補強工事をしっかりと行う必要があり、工事費への影響が大きくなるからです。それ以後の建物の場合は、大がかりな構造調査及び補強は必要ありません。

昭和56年以前の建物を用途変更するには
A. 申請が不要な用途への変更にとどめる。この場合、複雑な手続きが不要なため、工事費を抑えることができます。
B. 申請が必要な用途へ変更する。その際には、新築で建てる場合の6〜7割程度の工事費を掛けても良い心づもりで、建物構造を詳細に調査・補強をした上、現行法に適合させ、新たに申請します。

A. 申請が不要な用途変更とは
申請を避けるには「類似の用途」への変更にとどめるか、事務所などの特殊建築物以外の用途に変更する。

しかしながら、類似用途への変更程度では、街の変化や、少子化などの理由から、今後永きに渡って、その施設を継続できない可能性も有り得ますので、注意が必要です。
また、駅から遠いなど、必ずしも便の良くない住居地域で、事務所スペースの需要がどれほど有るのかということについても、考慮する必要が有ります。

B-1.申請が必要な用途変更とは
類似の用途でない「特殊建築物」(不特定多数の人々が利用する建物。共同住宅・福祉施設・店舗など。)に変更する場合は、その用途に当たる部分の床面積の合計が100m2を超える場合に申請が必要となります。

老人福祉施設・デイサービス等へ用途変更したい場合は、廊下や階段の幅やEVの設置など「バリアフリー新法(旧.ハートビル法)」というバリアフリー化の基準として作られた法律を満たしている必要があり、注意が必要です。

B-2.完了検査済証は残っているか
「完了検査済証」が残っているかどうかは、非常に重要なポイントです。
昔は、完了検査をしないで済ませてしまうことも多かったようなので、検査済証自体が無いケースもあるのですが、ここが結構なネックになります。
完了検査を受けていない建物は、図面通りに正しく作られたことを証明する書類が無いため、まず、それを証明するために詳細な構造調査が必ず必要となります。

また、完了検査済証が残っていない場合は、
様々な所が図面通りになっていない可能性を考慮する必要があります。
容積超過・斜線制限超過なども有り得ますので注意が必要です。
また、防災設備などについてもチェックする必要が有ります。

B-3.減築という方法
減築とは、建物のボリューム(床面積)を減らすことをいいます。
改装したい建物が既に規定の床面積を満たしている時に有効です。
例えば、以下のケースです。

・EVを別棟として新設したい。(床面積増加)
・増床したい。(床面積増加)
・その他、新しいボリューム・機能を追加するために、既存の床面積を一部減らす必要がある場合。

比較的手軽と思われる減築方法を一つご紹介します。
建物の本体構造への変更を最小限に抑えつつ減築する方法として、上方階の外壁を後退させてバルコニーを作る方法があります。
開口の多い、耐力負担の少ない外壁を屋内側に後退させれば、有効な構造を極力減らさずに、床面積を減らすことができます。

また、斜線制限超過については、天空率計算単独でもクリア可能な場合もあり、それ以上の場合でも、減築と併用することによってクリアすることが可能です。

B-4.関連法規等もチェック
建築基準法以外にも、業態に関連する法律をチェックする必要があります。
マンスリーマンション・ウィークリーマンションを検討する際は「旅館業法」もチェックが必要です。旅館業とは、ホテル・旅館・簡易宿所・下宿営業をいい、これに該当する可能性が有るからです。
トランクルーム等を検討する場合は「倉庫業法」もチェックが必要になります。(床の積載荷重の検討も必要です。)
また、飲食に関わる施設を含む場合は、保健所とも協議が必要になります。

以上、チェックリストとしてご活用頂きつつ、
方向性の決定に役立てて頂ければ幸いです。

 

↓ワンクリックご協力お願い致します。
↓Click here please. Thank You !

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村

 

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

2011.11.08

■ いい感じ

Img_2876_430a



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

2011.11.07

■ 気持ちのいい キッチン・お風呂の家展 開催のお知らせ

11_1203_shinjyuku

12月3日(土),4日(日)

一級建築士・建築家による住宅展
「気持ちのいい キッチン・お風呂の家展」
が開催され、私達も出展します。

場所:LIXIL 新宿ショウルーム 水まわり館 3F
  (旧 INAX ショウルーム)
その他:予約不要・入場無料です。

私達は、普段の設計において、
製品(モノ)の選定だけでなく、
気持ちの良い「空間」を提案しています。

是非お気軽にお立ち寄り下さい。

また、シュロの葉でバッタを作れます(^^)。
リアルですね〜。私もマスターしたいところです。


※ 今後も、数名〜十数名の建築士・建築家による展示会を、定期的に開催していく予定です。次回は年明けを予定していますが、会場を提供して頂き・共にイベントを楽しんで頂ける協力企業を募集しています。

 

KeyWord:建築士|建築家|住宅展|住まい|展示会|相談会|イベント|キッチン|バス|東京|都内|新宿

●●● ←Click here please. Thank You !

 

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


続きを読む "■ 気持ちのいい キッチン・お風呂の家展 開催のお知らせ"

| | コメント (0)

2011.11.04

■ 国東の海と山

Img_2804_600_2

Img_2803_600

Img_2464_600

Img_2799_600

Img_2484_600

Img_2788_600

依頼を受けた現地視察と、休暇を抱き合わせて、

九州大分県は国東半島へ。久々の海。

わが娘も、思う存分砂をほじくる(笑)。

海もきれいだし、山も深い。

一番下は文殊仙寺。12年に一度の御開帳と聞き立ち寄った。

海も山も近く、古い文化の残る国東半島は、なんだかとても魅力的である。



●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (2)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »