« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011.12.22

■ ひさびさの手書きプレゼン

Img008_600waku_3

勢いよく描きつつ、

ポイントを絞って描き込み全体を締める。
・・・のが目標。
ひさびさの手書きプレゼン。

和の光の状態や質感・思いを伝えるには、
手書きが適しているのではと思い。

手を動かすのは、やはり楽しいぞと。

Img007_600waku


●●● ←Click here please. Thank You !




▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0)

2011.12.15

■ 奈良吉野へ(2)

Img_3177_600

奈良吉野へ訪れた際、最後にご案内いただいた金峯山寺の蔵王堂
とても感動したのでご紹介します。

個人的には、私が今まで京都や奈良で見たお寺の中では、
一番感動したかもしれないのでした。
こんなお寺が有ったのかー!!と言う、驚きでした。

中の様子をお見せできないのが残念なのですが、
柱はがっちりと太く、物によってはねじれ、こぶのある巨木が
薄暗い室内にねじり上がっている印象。
とにかく生命力が強い木を選んで建造したという感じでありました。

薄暗い中に浮かび上がる黒々と骨太な祭壇には凄みがあり、
扉や柱には色彩も多く使われていながら、全体として落ち着いている絶妙な配色。
アジアやインドを感じさせながらも、日本の絵画なのです。
蓮池の上に広がる浄土を表現したような絵でした。
ああ・・・ここなら逝ける・・・(微笑)。という
雄大かつ繊細な内部空間。

ここで私なりに気づけたことは、
歴史の中に出てくる文化や建築は、
一つの様式で言い表せる典型的なものが多いのかも知れないということです。
歴史の中では目立たない(明確に表現できない)が、
多様な思想や様式が合わさった、言いようもないエネルギーを放つ建築や文化がまだまだあるのかもしれないということでした。

こんな建築が見れただけでも、行く価値があった。
そんな思いにさせられる建物でした。

また、もう一つ珍しいなと思ったのが、
この町は、山の尾根づたいに広がっているところです。(最初の写真)
この感じは、ヨーロッパの山岳都市によく見られる形式なのです。
本当に、いろんな文化が混ざり合わさっているのですね、きっと。

単一な様式による簡素で力強い構成も勿論良いのですが、
このように、多様な文化の混在から放たれる摩訶不思議な力強さは、
魂を揺さぶる力をもっていると思いました。
とても人間味があるというか、人間に近い存在かもしれません。


オススメです。

Img_3148_600

Img_3152_600

Img_3153_600

Img_3154_600_2

Img_3163_600

Img_3166_600



●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

2011.12.10

■ ものづくり

Img_3272_600

先日行われた展示会の際に行われた、シュロの葉によるバッタ作り。
人々に、もの作りの楽しさを伝えようという試みでした。
その時に作ったバッタをご紹介。これが結構楽しいのだ。
足の作り方は個々人の工夫次第だとか。

Img_3270cut_600

話は変わりますが、
偶然建築家の友人が、展示会場の裏のビルで、
数人の仲間たちと絵画展を開いていたのでお邪魔させて頂いた。

ここ何年も仕事以外の絵は落書き程度だったのですが、
改めて、絵を書くことの面白さ、色彩の美しさを思い起こし、
来年、その絵画展に参加させて頂くことになりました。

展示会を切っ掛けとして、
昔の趣味を掘り起こすのも、創造力が刺激されてまた楽しいですね。

そしてまたいつかは、
実家の押入にしまい込んだ
ギターをも引っ張り出す日が来ちゃったりするのではないかと
少しだけ期待しているのです。



●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0)

2011.12.07

■ ヤタイを追いかけてみた

Img_3219_600_3

11月は東京おもちゃ美術館にて行われた
「森の恵みの子ども博」&「東京おもちゃまつり」

有楽町駅前「森のめぐみにふれあうフェアin有楽町」に行ってきました。

木のオモチャや屋台が出る楽しいイベント、
デザイン屋台を展開する“デザインテキヤ”
次はどこ?と、追いかけてみたくなる楽しいお祭りである。

有楽町では、かねてより興味があった屋台の分解に参加。
あ~なるほどこうなっているのかと、それも面白い体験でありました。
なんとこの屋台、製品化されており、売り物です。
整った出で立ちに、祭りの雰囲気が盛り上がりますね。
まとめて3個ぐらい欲しいところであります。

Img_3213_600_2



●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

2011.12.02

■ 明日から2日間、家づくり展示相談会を開催します

以前よりお知らせしている
「建築士・建築家との家づくり展示相談会」が、
明日から2日間、新宿で開催されます。

今回は、一般の方々でも取っつきやすいと思われる、
浴室・キッチンなどの水廻りと絡めて開催していますが、
それに限らず、何でもご相談頂けます。
以下のような方にも最適です :-)

● 建築士・建築家のことが、ちょっと気になっている。
● でも、どこで出会うのか、どのように進めるのかわからない。
● 建築士と一緒に
バッタを作るなんて、
  想像するだけで面白いじゃないか。
● 取りあえず、
バッタ作りに行こうじゃないか。

などなど、是非お気軽にお立ち寄り下さい。

また、共に展示会を開催していくメンバーを募集していますので、
建築士・建築家も是非いらして下さい。


13人の一級建築士による
「気持ちいい キッチン・お風呂の家 展」

■申込不要・入場無料
■日時:3日(土)11:00〜17:00
    4日(日)11:00〜17:00
■会場:LIXIL新宿ショールーム水まわり館(旧INAX)
住所:東京都渋谷区代々木2-11-17ラウンドクロス新宿3階

※関連記事:気持ちのいい キッチン・お風呂の家展 開催のお知らせ

11_1203_shinjyuku





●●● ←Click here please. Thank You !

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »