« ■ New Year 2012 | トップページ | ■ 住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第2回 »

2012.01.07

■ ヒゲダラ

Img_3694_600cut_2

昨年末、ヒゲダラという魚に挑戦しました。
(髭ダラケ、ということでは無いですが・・・笑)

築地場内で、大学の友人のいとこが開いているお店

こだわりの魚屋 築地仲卸シマヅヒゲダラ(九州産)を購入。
年末お客が多く、捌きはこちらでやることになったのですが、
骨が硬い魚と言うことで、鯛の捌き方をそっくりそのまま採用することにしてみました。

鯛の下処理と3枚おろしは、数ヶ月前に 魚食倶楽部 でウエカツさんから習っていた関係で、私が担当
下処理の方法は2種類習ったのですが、これさえやっておけば1週間以上は持つという、ヒレを全て切り取り、内臓を傷つけずに取り出す方法が気に入っていたので、復習を込めてやってみる。youtube(別バージョン)でもイメトレしたので、手早く上手く行きました。
下処理を習得しておくと結構役立ちますし、どこでも生きていけそうな気分にもなり、気持ちよいです。サバイバルです(笑)

鍋・昆布締め・昆布締めの焼き魚を造って食しました。
(頭も割って、内臓と骨以外はすべて利用します。)
白身魚にしては上品な味がしっかりついていて、鍋は特に美味でした。

築地市場は、買っても楽しいし、見て回るだけでも楽しい。
スーパーなどに出回っている魚は、全体のほんの一握りの魚種なんだなあということがわかります。
日本全国の魚が集まっていますので、目当ての地域の魚を求めることもできます。
また、肉や野菜や調味料も扱っていますので、大抵の食材は揃ってしまいます。
お薦めですよ。

私達がよく利用するのは 場外の長崎県漁連東京直売所 です。場外にあるため時間に制限が無く利用しやすいです。

Img_3700_600_3

 

●●● ←Click here please. Thank You !

 

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

|

« ■ New Year 2012 | トップページ | ■ 住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第2回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■ New Year 2012 | トップページ | ■ 住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第2回 »