« ■ 都心のシンプルでちょっと便利な生活 | トップページ | ■ 実験的リノベーションプロジェクト »

2012.02.17

■ 住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第3回

● なぜ、このようなことを書いているの?

次へと進む前に・・・

今回は、何でまたこのような、特定の限られた地域の観察について、月刊杉に掲載させて頂いているのか、ということについてお伝えしたいと思います。

● 特定地域の観察から、思いは全国へ

ここでは、私が最初にこのような風景を知るきっかけとなった、千葉県の風景を観察していますが、日本全国それぞれの地域に、独自の風景・景観構造が形成されていると考えられるのです。
先ず、そういうハッとするような風景が身近に存在するということ、
そして、観察してみると面白いということ、
そして単純に、風景が 気持ちいい~!!(微笑)
ということを、“よそ者”としてお伝えしたかったからなのです。

風景や景観は、人々の生活とも密接な関わりが有る、と私は思います。
人は、知らず知らずのうちに、身の回りの風景から元気をもらっていると思うのです。

日本全国に住む方々が、周辺地域の隠れた魅力、
特色を見つけることの面白さを見いだして欲しいと思います。
そんなことを少しでも伝えられたらと、全国にネットワークを持つ月刊杉に掲載して頂いたわけなのです。

● 地域ごとの多様な歴史・見えにくいものの良さを見つけ、磨き上げる時

本コラムでは、「建築・外構・風景」は、ワンセットとして観察しています。
建築・外構・風景の全体を一つの総合的な文化として見たとき、次のことが分かってきます。

★★ 1. 地形が違えばその数だけの、地形に合わせた工夫・風景・景観構造が存在するということ。

★★ 2. 地形は似ていても、交易などの歴史まで含めると、全く同じ条件は揃いようがなく、従って、その地域にしか無い独自のものが必ず存在するということです。

多様な文化の存在が、面白いのだと思います。
地域ごとの文化の違いは、財産であり、資源と言うこともできます。
その存在を意識し、現代感覚を注入し・伝統とコラボレーションして
現代に活かし、持続させて欲しいと思います。

これからの時代は、「保存」よりも、現代に「活かす」ことが有効であると考えています。
伝統的なものが、節度を保ちつつ、現代に違和感無く活かされるような、
今までに無い、全く新しい仕組み・循環を、それぞれの地域の方に考えて頂ければと思っています。

伝統とは、変化の歴史ではないでしょうか。
伝統と現代のコラボレーションが、新たな伝統をつくり出します。
ですから、伝統とは、常に現在・現代のことを表していると言えます。

それぞれの文化に気づき、誇りを持ち、磨き上げれば、
もっと気持ちのいい関係が生まれるのではないか~と思っています。

 

■ 関連記事 
宜しければ、こちらもご覧になってみてください。

・風土と現代のはざまで <その1>

・風土と現代のはざまで <その2>

・風土と現代のはざまで <その3>

・地方の楽しみ方

・風土と現代 のはざまで <NEXT STAGE!>




●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり プロローグ
●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第1回
●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第2回
●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第3回 ←今ここ
●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第4回
●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第5回
●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第6回
●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第7回 
●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 最終回 



●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

|

« ■ 都心のシンプルでちょっと便利な生活 | トップページ | ■ 実験的リノベーションプロジェクト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■ 都心のシンプルでちょっと便利な生活 | トップページ | ■ 実験的リノベーションプロジェクト »