« ■ スリップウェア | トップページ | ■ 住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第4回 »

2012.03.09

■ 倉庫と鉄扉と荷車と

Img_1129col

何となく、そう言えばこんな写真も撮ったな〜と思い、掲載。

この写真が、何か思い出に残るのは、

ポイントは一輪車だと思うのですよね。

時を経て重みを増した建物と共に、人間の生活・活動が見える。

という部分。

建物は、人が建て、人と共にある。

そのへんが感じられた時、グッときちゃうんだと思うんですよね。

きっと。

また、このざらついた素材感も、

建物が近くに感じられる、大きな要素ですよね。


photo:上州富岡駅近く

■関連記事:屋根と空とサクラ




●●● ←Click here please. Thank You !

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

|

« ■ スリップウェア | トップページ | ■ 住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第4回 »

■a2. 時間 と 建築」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

コメント有り難うございま〜す。

そうそう、そう言うことですよね〜。

投稿: otsubo | 2012.03.10 09:37

いいですねー。
人間の営みもまた、自然の一部と感じる写真ですね。
good job!

投稿: goto | 2012.03.10 01:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■ スリップウェア | トップページ | ■ 住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第4回 »