« ■ 赤 と 青 | トップページ | ■ あーでもないこーでもない »

2012.04.09

■ 古家具 と 建具 と 白い空間

都心のシンプルでちょっと便利な生活
の改装のイメージが、おおかた決まる。

既存の建具枠・建具が濃色系だったため、
新しいインテリアをどのような色・素材でまとめ上げるか、
けっこう迷ったのだが、
魅力的な古家具を所有されていたので、
思い切って既存を白で塗り込め、
ギャラリーのように古家具が引き立つ空間とした。

また、十分な収納を確保した分、
内部空間の圧迫感を軽減するため、
寝室の収納扉にカガミを張る。
家具が、反対の壁に映り込み、
より印象的に、奥行きと広がりを持たせることができそうである。

Sgr01_600

Sgr02_600

Sgr05_600

Sgr06_600

Sgr04_600

Sgr03_600

今回、検討途中に
初めて、古建具というものを
Webで検索してみた。

シンプルな空間に、力のある素材を配置したかったからである。

古民家の建具や、蔵の建具が結構有ることを知り、新たな発見であった。
しかし、なかなか魅力的なのだが、サイズが合わなかった。
何しろ巾が広い。しかも4枚セットも多いようである。
建具の大きさに合わせて壁を決めることも難しかった。
最終的には、古家具に古建具では少々重厚なので、
軽快な素材感を持つ建具としたことで、まとまったように思う。

しかし、また別の機会に譲るとしても、なかなか良い素材である。
みなさんも是非使ってみてはいかがだろうか。
古建具をテーマにした家というのも、
面白そうである。







●●● ←Click here please. Thank You !







▲このページのTOPへ戻る
____________________________________________________________________________________________________________________________
Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所


copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.




|

« ■ 赤 と 青 | トップページ | ■ あーでもないこーでもない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■ 赤 と 青 | トップページ | ■ あーでもないこーでもない »