« ■ ガラス球体の中心で逆上がり | トップページ | ■ 擁壁のある敷地について - 2 »

2012.05.17

■ 擁壁のある敷地について - 1

1292970_img600

先日のブログにも掲載させて頂きましたが、

「崖」というロケーションは、
眺望が良い可能性も高く、魅力的な土地です。
崖というだけで、イメージがドンドン広がりますよね。(^^)

しかしながら、都市部では「崖=2メートル以上の擁壁(ようへき)」が敷地境界線に有る場合、既存の擁壁の補強・新設や、敷地内に建てる建物の構造についての決まり事が有り、それをクリアするために予想外のコストがかかりますので注意が必要です。

また、擁壁があることによって、どのようなことになるのかを、ハッキリ細かく説明していくれる不動産屋さんは、残念ながら存在しないようなのです。
例えば、重要事項説明書に「2メートル以上の擁壁が有るので、条例のどこどこを参照」とまで説明されていたとしても、それによって、建築コストが跳ね上がる可能性までは勿論説明されません。

ですから、土地を購入される方々自らが、用心する必要があります。

まず、土地が安かったら、他と比較して安い分だけ、
建築コストがかかると考えた方がよいでしょう。
思いのほか安い土地には必ず何か理由があります。
そして理由は一つとは限りません。
擁壁に加えて、建物を建てるためのインフラが整備されていないというケースも有ります。
同じように、そのことは書類に説明されていても、その整備にどれほどのオーダーでコストがかかるかまでは、指導してくれません。

下記資料は横浜市のものですが、8,9ページに、崖上・崖下に家を建てる場合の解説がされています。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenchiku/guid/ikenkoubo/jourei-kaisetu.pdf
都市部では敷地の広さが限られているので、崖からの離隔距離を確保することはまず難しいです。従って単純に木造とするのは難しく、1階が一部RC造となるような、混構造になると考えられ、その分コストもかかりますので、まずそれをクリアするためにも、建築士の専門知識が必要になります。


→ ■ 擁壁のある敷地について - 2 へ進む





●●● ←Click here please. Thank You !







▲このページのTOPへ戻る
____________________________________________________________________________________________________________________________
Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所


copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.




|

« ■ ガラス球体の中心で逆上がり | トップページ | ■ 擁壁のある敷地について - 2 »

■y2. 土地・敷地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■ ガラス球体の中心で逆上がり | トップページ | ■ 擁壁のある敷地について - 2 »