« ■ 住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第6回 | トップページ | ■ 眩しき若葉 »

2012.05.01

■ 私の目線

Img_3951600

最近、少し意外な依頼・相談を頂く。

また、前々からそう言う相談があったことに、

最近気付かされたのだった。

「大坪さんの“目線で”○○を設計して欲しい。」

「大坪さんと○○を“共有”できないかな。」

というような 相談 である。

その内容は、本業に付随する、本業のお友達のような分野である。

例えば外構であったり、素材や色であったり、

情感の共有というプロセスであったり。

今まで、それらは建築に付随するものという意識が強かった。

相談を受けてもピンと来てなかった。

興味がなかったのではなく、

興味は大ありなのだが、

本業の通過点、重要な要素という認識で、

それ自体が専門だと思っていなかったのだ。

しかし、今、そのオマケの部分でアドバイスを求められる。

私の生み出した物・結果ではなくて、

目線や感覚やプロセス自体を気に入って頂けるなんて、

それほど有り難いことはない。



ということで、

・外構設計

・素材選定アドバイザー(みたいな感じ?)

・プロセスの共有

・などなど

させて頂きます。


まずはご相談下さい(笑)



PHOTO:オニカサゴの目線(どこ?)
      色と質感が、抜群ですね。





●●● ←Click here please. Thank You !







▲このページのTOPへ戻る
____________________________________________________________________________________________________________________________
Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所


copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.





|

« ■ 住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第6回 | トップページ | ■ 眩しき若葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■ 住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第6回 | トップページ | ■ 眩しき若葉 »