« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012.06.29

■ 住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第7回

さて、最期の事例紹介です。
スケールの大きな、景観的アプローチをご紹介します。

■ 事例8

アプローチのスケールを風景全体にまで広げた例です。
(勝手にそう思っているだけかもしれないのですが)

0801_510

0802510_2

遠くから見た様子は、鎮守の森を背後に控えた仁王門・鳥居のようです。

一度その姿に目が留まると、人は、道を右に左に振れながらも、
視線はずっとその姿を追ってしまうのではないでしょうか。

木立の間から、雪を頂く駒ヶ岳の勇姿を、目で追い続けてしまうように。

0803380

この家は、北側の山裾の窪地に「袋」状にはまり込んでいる、
「日影さん」とご近所さんから呼ばれる方の家です。
今までご紹介して来た立地形式に当てはまらないので、
なぜここに在り、北側を向いているのか、
不思議に思いながら、地図を見ていると、あることに気が付いたのです。
これは予想なのですが、この家は「地理風水」を取り入れているのではないかということです。

0804510

その地理風水とは、山脈のエネルギーは「地龍」となって尾根伝いに走り、その山脈が地中に潜り込む寸前の所に「穴(けつ)」と呼ばれる窪地(気の溜まり)が在るのだというもの。
その窪みにエネルギーが溜まるというわけなのですが、それを守る「護砂」と呼ばれる山脈が左右を囲み、「前面に川が流れている」場所が、建物を建てる場所として最も良い場所であるという内容です。

航空写真を見てみると、なんと、ほとんどバッチリのように見えます。
このお宅が、鎌倉から来られた方で、文化財に指定されている観音像を所有されているという事実も、その考えを裏付けているような気がしています。
(気がしているだけかもしれないのですが)

北側を向いていることだけが気になっていたのですが、
第2回でお話しした、
屋根が茅葺きの時代には、防風を優先して山の北側の裾に家を建てるのが一般的だった、ということが関係しているのではないかということで、納得。
日当たりよりも、地勢を優先した事例と言えるのではないでしょうか。

風水的に良い場所や、水利や防御との関係の中で合理的に考えられたものは、
同時に「見栄え」も良いということは、やはり驚きなのであります。

以上で、詳細な事例紹介はこれで最期となりますが、
その他の事例を含めて、類型集としてまとめてみました。

■ アプローチの類型

第1回の写真集に登場する事例や、
その他の事例を、配置図でご紹介します。

0805510_4


いかがでしたでしょうか?
お伝えしたいことは他にも有りますが、
次回、そろそろまとめに入りたいと思います!







●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり プロローグ
●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第1回
●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第2回
●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第3回
●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第4回
●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第5回
●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第6回
●住宅のアプローチ・構えの風景との関わり 第7回 ←今ここ





 


●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

 

| | コメント (0)

2012.06.26

■ 白と木の部屋 完成写真

Sgr_001

既存の状態は、濃色系であったところ、
古家具のために白い空間としてまとめ、
建具は白ステイン+クリアで木目をうっすら出す。
フローリングは均質でない粗めの木目が出るものを選択することで、
素材感を出し、古家具とも馴染むようにコーディネート。

収納量を増やしたことによって
空間が狭くならないよう、収納扉を部分的にカガミ貼りとして、それを補う。
カガミ貼りの位置を工夫することにより、
空間・部屋同士の気持ちよい繋がりが生まている。

Sgr_002

素材感をもたせ、光に変化を付けることで、絵になる空間が生まれます。

Sgr_003_2

リビングと玄関を隔てる大きなガラス框戸。

Sgr_004

リビングから寝室、玄関方向。扉はうっすら木目が出る白塗装。

Sgr_005_2

寝室の収納扉に張られた鏡。
収納の向こうに部屋がもう一つ有るように見える。
その先には窓から見える緑の風景。

Sgr_006

鏡貼りの扉により、隠れた空間を見通すことができ、
映り込みにより、田の字型の空間に見えている。

Sgr_007

寝室よりリビングをみる。
鏡に映り込み、空間が広がる。
フローリングはタモ、粗めの素材感のあるものをチョイス。

Sgr_008

Sgr_009

玄関とリビングを仕切るガラス框戸ごしに廊下を見る。
奥に見える扉は、既存を白塗装したもの。なかなかいい。

Sgr_010

Sgr_011

玄関からリビングを見る。
大きなガラス框戸が、フレームとなって空間を柔らかく仕切る。





●●● ←Click here please. Thank You !







▲このページのTOPへ戻る
____________________________________________________________________________________________________________________________
Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所


copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.




| | コメント (0)

2012.06.24

■ 白い部屋 竣工写真撮影

Img016mccut600

マンション改装の竣工写真撮影第一弾。
素敵な古家具が置かれる前バージョンですが、
なかなか良いのが撮れました。
写真をスキャン+色調調整中です。

来週は、施主、工事関係者を交えて、
シャンパンを乾杯の予定。楽しみ。



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0)

2012.06.23

■ 根津のひととき

耐震改修のヒアリングに根津へ
この、人々の生活が緑となって浸み出してくる街並みには、
妙に親近感を覚える。月島あたりで感じるそれと同じ感覚である。
昭和30年頃は、路地のそこいらじゅうから、
子供達の遊ぶ声が聞こえていたとか。
そう話を聞くと、残像のようにイメージ出来るから不思議である。

路地に残る2階建ての長屋には、
最近若者が集まって楽しげに住んでいるという。
可愛いい動物パンのお店も発見。

Img_5782mono600
通りがかりの、ツタに覆われた集合住宅。


Img_5734600
路地に向けて植物を飾る家。


Img_5780600
緑が浸み出す路地。動物パンおくれ!


Img_5785600


先日チーズづくりに参加させて頂いた、みのりカフェ 、
思いのほか近くて、立ち寄った。得した気分。
拘りの美味しいコーヒーとワインのお店です。
酸味が強めの物をとお願いしたところ、お勧めしてくれたのが、
タンザニア ブラックバーン農園(中煎り)。
ばっちりストライクで美味しゅうございました。
ちょっと豊かな根津のひととき。







●●● ←Click here please. Thank You !







▲このページのTOPへ戻る
____________________________________________________________________________________________________________________________
Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所


copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.




| | コメント (0)

2012.06.20

■ White Wood

Img_5649_600_5

木目の残る扉面

 



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0)

2012.06.19

■ Green Two Living

Kns032f41600600

緑が大好きな方に提案した家

Green Two Living (グリーン・ツーリズム?)

各コーナー毎に付けた段差・レベル差を利用して

1,2階両方にリビングとして利用できる空間を提案。

2階は、開放的な明るいリビング。

1階は、庭に開かれ、緑に囲まれたサブリビング。

Kns0311200600

Kns030141200600

Kns031f61200600

Kns031f3a1200600

Kns032f41600600

Kns032f31600600





●●● ←Click here please. Thank You !







▲このページのTOPへ戻る
____________________________________________________________________________________________________________________________
Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所


copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.




| | コメント (0)

2012.06.16

■ スマート屋台

ここ数年お気に入りの屋台のご紹介
デザインはスマートでいてユーモラス
杉とスチールの素材もいい感じ
ついでに笑っちゃうネーミング
わけもなく追っかけたくなる雰囲気なのです。
実際に屋台として使っても良いし、
別の用途で使用するシーンを想像しても楽しい。

実際にこの屋台をプロデュースしている内田洋行では、
イベント時の受付・バー
セミナー時の講演台・雰囲気作り
などで使用していて、レンジの幅広さ、懐の深さを感じさせます。
親しみやすい・コミュニケーションが広がるイメージを創り出しているからではないでしょうか。


● 自転車創業屋台(笑)
色んなバージョンがあり、
駄菓子をディスプレイしたり、カセットコンロを仕込んで鍋を乗っけたり。

Dsc_918302600_2

※ Photo:内田洋行テクニカルデザインセンター提供

Imgp6014_1600

※ Photo:内田洋行テクニカルデザインセンター提供

R0018274600

※ Photo:内田洋行テクニカルデザインセンター提供



● 機内持込屋台(笑)
(機内もつ煮込み屋台?)

Dsc_495503s600

※ Photo:内田洋行テクニカルデザインセンター提供

 

● 連結決傘屋台(笑)

600

※ Photo:内田洋行テクニカルデザインセンター提供

Img_5385600

 

● KATARI-BAR
語り場+語りバー

Img_5355600

※ KATARI-BAR デザイナー:NAGUMO DESIGN 南雲勝志

 

● Obiten+
飫肥杉テント 

Img_5354600

※Obiten+ デザイナー:NAGUMO DESIGN 南雲勝志

 


一口に屋台と言っても、様々な使い方があり、屋内での使用も想像してみると楽しい。機内持ち込みどころか、わけもなく、どこにでも持ち込みたい(笑)
・・・ような気がしてしまうのは私だけでは無い?

例えばこんな想像をすると面白い。

住宅を建てたいクライアントが、リビング・ダイニング・キッチンで合計30帖欲しいと言う、そんなに必要なのですか!? と尋ねると、いや実は置きたい屋台が3つありまして・・・・持ち込み屋台リストをお送りしますのでレイアウトお願いします・・・とか。

あ、そういうことでしたら、キッチン前にはバーカウンターなんて有ると来客時に楽しいですかね!? と尋ねると、いえそこには KATARI-BAR という屋台か連結決傘という屋台のどちらかを考えてまして・・・とか。

ガレージの大きさは?と尋ねると、電気自動車を1台持っているのですが、自転車創業屋台にも興味があるので、ガレージは2台並列ができる大きさでお願いします・・・かつ、リビングから眺められるような工夫をして頂きたい・・・眺めたいのは屋台の方で・・・とか。

他にも

社長室に、一つ自転車創業を・・あ、いや、連結決傘の方がいいかな?・・・
当ホテルのドリンクバーに KATARI-BAR を・・・

などなど

こんな面白いもの、もっと広がれば、もっと楽しいに違いない。



■ 屋台WEB販売先(一部)

・Obiten+ : 杉屋 FU-BUTSU series オビテント


■ 屋台販売に関する問い合わせ

・内田洋行:国産材活用家具


■ 新しく屋台をデザインして欲しい方の連絡先

・デザイナー:パワープレイス株式会社 若杉 浩一

・デザイナー:NAGUMO DESIGN 南雲勝志

■ デザイナー記事リンク

・「屋台が俺達を呼んでるぜ」若杉 浩一(デザイナー)

・KATARI-BAR 南雲勝志(デザイナー)


■ 写真 

内田洋行テクニカルデザインセンターより提供頂いたものや、
2012年 EDUCATION EXPO に参加した際に撮影したものから。





●●● ←Click here please. Thank You !







▲このページのTOPへ戻る
____________________________________________________________________________________________________________________________
Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所


copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (4)

2012.06.14

■ EDUCATION EXPO と 国産材活用

Img_5375600

先日、EDUCATION EXPO に行ってきました。
とあるセミナーに参加するためでもあり、
教育という分野に、以前よりも意義を感じ始めているからでもあります。
で、屋台も見たかったし(笑) これについてはまた後ほど。

セミナーの内容はというと、
それこそいろいろあるのですが、私が聞きに行ったのは、

「公共施設/教育施設における国産材活用の最新事例」

ザックリとまとめますと、(脚色有り)


とにかく木(国産材)を使いましょうと。

「これって結局張りぼてじゃないですか?」

なんてコメントされることも有りますが、

張りぼてでも何でも、この際いいんではないでしょうか、

「木って、なんかいいよね〜」それでいいんじゃないかなあと。

木を使うと、どれだけ エコ でしょうか? データ有りませんか?

なんて聞かれることも有りますが、

そんなに詳しく分からなくてもいいんじゃないでしょうか。

木を使いたい理由はそこではないでしょう。

パッションですよパッション。

とにかく、と〜にかく皆で国産材を使っていきましょうと(笑)

林業という、日本の文化・産業の持続・循環に役立てば

それだけで十分意味があるでしょうと。



はい、とても意味があると思います。
みんなで意識して使っていきましょう。
日本の風土には、日本の材を使うのが一番良い。
それは一つ確かなことであります。 間違いない。
現実はいろいろあるけれども。

Img_5344600

Img_5343600

上の写真は、何だと思います?
杉の圧縮材です。圧縮加減で4段階。
圧縮すると、杉を硬くできるのです。
熱を加えるため色も良い感じ、チークのような色ですね。
いけますね〜。いいですね〜。
あ、値段聞いてくるの忘れた。





●●● ←Click here please. Thank You !







▲このページのTOPへ戻る
____________________________________________________________________________________________________________________________
Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所


copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.




| | コメント (0)

2012.06.13

■ 工事の陰影 - 3

Img_5409600

Img_5412600_2

Img_5437600

Img_5445600

工事中の
クロスや塗装がされた瞬間
何もないインテリアの
淡い光と影

このタイミングでしか撮れない写真
これまでの苦労が報われ、
これからの期待が膨らむ、
心地よい光である。

関連記事
・工事の陰影 - 2





●●● ←Click here please. Thank You !







▲このページのTOPへ戻る
____________________________________________________________________________________________________________________________
Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所


copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.





| | コメント (0)

2012.06.12

■ 古道具

Img_5113600

Img_5111600

先日、第一回「東京蚤の市」に行ってきました。

お、と思ったお店・アーティストの備忘録。

●古道具 つむぎ商舎 
古道具 古家具 古金物 オリジナル家具 
http://tsumugisyokai.com/

● zanny
ユーズド家具 照明 雑貨
http://zanny.jp/

● stereograph
古道具
http://www.sg-stereograph.com/

●WOODPRO
古材の足場板を扱う専門店
http://tokyonominoichi.com/453

Img_5118600

Img_5124600

また、個人的にかなり盛りあがったアーティスト
Modern Irish Project:モダン・アイリッシュ・プロジェクト
民族的だけど、モダン的要素もあり、スピード感のある下の2曲が印象に残った。

http://www.youtube.com/watch?v=DHeJJJv71vI&feature=relmfu
http://www.youtube.com/watch?v=Xv-QuaK7Vt0&feature=relmfu





●●● ←Click here please. Thank You !







▲このページのTOPへ戻る
____________________________________________________________________________________________________________________________
Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所


copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.




| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »