« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013.01.22

■ 道端の雪の落ち葉

Kc3h0484col600_2
道端に残る雪、
雪がいつまでも残っていると
なんだか嬉しいものです。
落ち葉が可愛かったので。


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.10

■ 古材柱と梁のある家

Tkd0406600


古材柱をペレットストーブの脇に立て、
2階床梁を見せた天井の高い家。

下はお施主さんが視察に行った際の画像。
どれも立派です。迷っちゃいますね。

Kozai600


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.02

■ カガミモチ

Img_7584600

元旦の朝は気持ちよかったですね〜。
さて、改めまして元気よく。

昨年中は大変お世話になり有り難うございました。

今年は今まで広げてきた繋がりを活かしつつ、
勢いよく走り抜けたいと思います!

何卒よろしくお願い致します。



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.01

■ 明けましておめでとうございます!

2013nenga600jpg

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願い致します。

物事は「徐々に」変化する。
それを痛感したこの1年(2,3年)。
熱望でも、諦め、でもなく、「温める」。

長く長く時間のかかる変化に、どう関わっていくのか。
やるべきこと、取るべきスタンスが、明確になり、
新たな視界が開けたような気がしている。
今まで見えなかった光が、見えている。

ある方がどこかで書いていた
「鶏が先か卵が先か、個人から全てが始まっている」
個人の集積が、それぞれ試行錯誤し、時間をかけた先に、
その先に新たな世界は広がるのだろう。

先ずは個人を、ひたすら突き詰めていこう。
そこから何かが変わると信じて。

和をもって朗らかに!



●●● ←Click here please. Thank You !

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »