« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年5月

2013.05.21

■ I-House

Img_7349col600_2



Img_7370col600_2


Img_7359600


Img_7344col600




●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.17

■ T-House

Img_9335600





Img_9270600_2



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.13

■ 無題

Tki_9297600



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.09

■ 道

Img_9466600_2
山梨県北杜市津金にある海岸寺の
旧参道らしき道を見る。

枯れ沢沿いに走る、
落ち葉に埋もれた道。
眩しいほどに気持ちよく、
この道が使われていた時代を想像する。

ダムができ、清里湖と農業用水と清里須玉線が整備され
使われなくなったのかなと考える。

あまりに気持ちの良い環境に
「ここは何かいい道だったに違いない」と思わせた。
そこで、ここは佐久甲州街道141号の
裏街道なのではと勝手に推測。

ダムや農業用水や道路ができた事により
農業は確実に安定したと想像されますが、
このような道が新しい道に寸断されて
森の中に埋もれているのを見ると
とてももったいない気がしてしまう。

調べたところ、清里須玉線として整備された元の道は、
古くからの道で佐久甲州街道と併走する形で
佐久甲州往還を成していたそうです。
なので、やはりこの道は峠越えの
佐久甲州往還だったのではないでしょうか。
(もし間違っていたらどなたか教えて下さい。)

東京の川に戻してみると
暗渠の公園も有り難いけど、
小川の自然は眩しいほどに美しい。

どちらがいいかと聞かれたら
小川がいいと答えるような気がしている。


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.02

■ 見上げた空

Kc3h0918600_2

図書館横の公園

ブランコに乗りながら

見上げる木々の空




●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »