« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013.08.30

■ 敷地視察 - 都市農園

Img_1565600

敷地の視察。向かいの敷地や、
周囲には、きちんと手入れされ、
区分けされた農園や畑が点在している。
きもちいい・・・。


私達は敷地を見る度に、
敷地やその周囲の環境を感じ、楽しんで、
視察=散策=寄り道、してしまうのです。


しかし、ここは結果を出さなくてはなりません。
頑張ります!

Img_1567600

Img_1571600

Img_1561600



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.29

■ T-HOUSE hino

Tkd001_2

Tkd002_3

Tkd003_2

Tkd032

外観です。

南側に山が有り、北側をエントランスにするのが自然な敷地。

北側をいかにデザインし、正面性を持たせるかがポイントでした。

外のデザインソースをインテリアでも展開し、

中と外のデザイン統一を行っています。

どの部分かおわかり頂けるでしょうか? 

Tkd006_2

Tkd008

Tkd007_2

Tkd012



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.23

■ 曲紙 project summer2013

Img_1320600

子供と一緒に
正方形の折り紙で、自由な形を作っています。

「正方形の紙」→シンプルな素材から

「絞られた部分から伸びる辺はほぼ直線」→合理的に

「紙の弾性を素直に形に反映させる」→自然な曲線を生み出す

というところが魅力的だと思っています。
このような建築ができたらいいなあと、凄く思います。
どなたか関心のある方、ご一緒に曲げ曲げしましょう。(^^)

Img_1318600

Img_1317600

Img_1360600

Img_1329600

Img_1359600

Img_1390600

Img_1355600

Img_1353600

Img_1345600




●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.22

■ 帽子

建築家との家造りが楽しかった!

と、思いがけず、お礼を頂きました。

お施主様より「帽子」の仕立券(笑)

粋なプレゼント・・・。


その通り、私には帽子が必要です!

いろいろなことを「防止」しないといけませんので。ね。

現場での足場や、日差し・・・・etc.


懐にグッと入り込むコミュニケーション。

見習いたい。

ホントですよ。


追伸.

祝 ブログ400記事目。


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.07

■ 赤い手描きスケッチ

Otsubo130807600_3

近頃、手書きスケッチに時々回帰してみたり。

手描きのほうが頭が活性化しますし、手の感覚が気持ちよいです。

私の場合は、頭をより活性化するために赤で描いたりします。

間違った線は修正液で消して上から重ねます。



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 竣工写真

Img023col1000_2

竣工写真のレタッチ中

この古材に遮られている感じが

いいですね〜(^^)

ペレットストーブが置かれる前に

ストーブの位置から撮ってみました。

●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 盆踊り

Img_1117600_5

今年は玉川上水緑道の盆踊りに参加してみる。

子供は結構楽しそうに最後まで踊っていました。

私はと言えば・・・記録係。。。

小規模ながら、何だか雰囲気の良いお祭りでした。


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.02

■ 居場所

Img_1054600

施主の愛した彼らは、
居場所を見付けたようだった。
良かった良かった。

民家の梁は柱となり、
端材は窓際のベンチとなり(即興)、
全行程手作りのペレットストーブが設置された。

居場所を与えるだけで、
活き活きしてくるんですね。
それだけで、彼らはここで生き続けられる。
幸せな出会い。

それに立ち会えたこと、
良い居場所を作ってあげられたことが
嬉しいですね〜。

Img_1052600



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.01

■ レーザー距離計 Leica DISTO

Img_4348600

今日は仕事道具のご紹介です。

これ何だと思います?
今年の7月で5年使っていることになるレーザー距離計。

性能ももちろんですが、当時一番デザインが良かったものを購入しました。
よほどこの部分のディテールが気に入ったらしく、
何故か全体を撮った写真がないのです。(笑)

角度なども測定できる優れもので、
リフォームや建物調査の際、断然威力を発揮します。
片手でスマートに測定ができるので「お、それ何ですか?」と良く聞かれるため、 真面目な現場に会話が生まれます。(^^)
モニターで遠くにあるポインタが目標物に当たっているかを確認出来る機種も有るのですが、もっと値段が高いので最低限の性能で我慢。

仕事道具のデザインが良いと嬉しくなります。

Img_4346600




●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 人が集まれる広場のデザイン

Img_0852_600

Img_0854_600

先日参加した、
天草高浜フィールドワークのワークショップで
時間内に即興で描いた広場のスケッチ。
(赤いボールペンと赤マジック)

私たちのチームは実務者が集まったので、それぞれの担当を決めてからは、各自がそれぞれの意思に基づいて黙々と進めるという形となった。 限られた時間の中で、いかにイメージしやすい事例を示してあげられるかということを目標にした結果でした。

内容は、役場跡地の広場の有効利用+町中再生 『今では、人々が集まる機会も少なくなった。日常の場所として、皆が集まれる広場にしたい、観光の拠点としても考えてほしい』というSTさん他その後ろに控える街の皆さんの要望に答えるための広場。

海やそれにつながる小川が印象的な町。 小川・広場・広場の後ろに控える神社・そこからの海の眺望を一連の流れに 組み込んで魅力的な、街の中で有効に働く広場とするための提案でした。

海や川との繋がりを強化し、木を植えて木陰をつくる。その木は、人の集まる場所には欠かせない桜、川と言えば土手と緑、木々の下には小径とベンチ、土手から傾斜する広場は傾斜して観客席にもなり、様々な祭りや活動を想定する。建築は、舞台・市場・祭事・ステージなど様々な用途に使える「大きな屋根」。建築は様々な活動を受け入れる器であればよい。そんなイメージ。

時間が無くSTさんの要望に応えられたか検証する時間は無かったけれど、 STさんが肩をたたいてニコニコしながら声をかけてくれたところを見ると、 それなりに要望に応えられたのではないかと感じた。

私達が短時間で形にしたことはほんの一例に過ぎない。 どんな形でもいい。 このイメージスケッチから思い描ける様々なアクティビティを実現するために 少しでも地域が前進してくれることを切に願うのであります。

Img_0855_600

Img_0857_600_2

※ 広場の活用といったとき
仮設的な使い方ももちろん有ると私自身思いましたが、
この環境を見たとき、自分は仮設でないものが欲しいと直感的に思いました。
この直感に素直に従えば、資金が限られていても皆で力を合わせて、仮設でない拠り所を作りたいという気持ちは、理屈ではなく、人の中にある感情なんだなあと感じた。
私達が提案したことは、ハードという環境だけれど、スケッチを見て頂ければ分かるとおり、人々のソフトを想定した環境づくり、ソフトを誘発する、様々なソフトを寛容に受け入れる、大らかな器をイメージした物なのです。 建築あるいは環境はそういうものだ改めて感じた出来事。

Img_0669600

夕日を望む海

Img_0638600_2

海から川へ

Img_0647600

川へ降りる階段

Img_0742600

町の中心部へ向かう小川

Img_0743600

小川にそって建つ建物

Img_0745600

小川と住居 いい味出してます。

Img_0633600_2

川沿いに干される洗濯物

Img_0746600_2

合流地点

Img_0764600

旧役場広場と小川。奥には神社と鳥居。

Img_0765600

広場中央

Img_0766600

広場から上田家入り口が見える

Img_0790600_2

神社からの眺望(海)

Img_0793600

神社からの眺望(山)


●●● ←Click here please. Thank You !

 

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »