« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013.11.29

■ 岩手の木

Img_2591600

岩手から木のサンプルが届く

集成材は左から、ナラ・クルミ・サクラ・クリ
フローリングは全てナラ
仕上げは左からブラシ・無塗装・ウレタンつや消し・などなど
ん〜いい色ですね。
木のサンプルが届くとなぜか嬉しいのです。


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.24

■ 世田谷支部 まちあるき 第1回

Img_2549600_2

東京建築士会世田谷支部 まちあるき第1回 -池尻・三宿・太子堂-

に参加しました。以下概要です。

「東京建築士会世田谷支部では、世田谷の都市・住宅地が形成されてきた歴史 を旧版地形図等資料を参照しながら辿る「まちあるき」を企画しました。 今回は、明治以降旧軍施設の進出と共にいち早く都市化した池尻・三宿・太 子堂地区を歩きます。この地域は、旧大山街道沿いの江戸期からの集落と大規模な旧軍施設、旧軍を相手に形成された市街地が混在している地域となってい ます。また大正11 年頃から、耕地整理組合が相次いで結成され、現在の宅地 の骨格を形造っています。 また今年度の世田谷区都市復興プログラム実践訓練のケーススタディ地区として三宿二丁目・池尻四丁目が取り上げられている為、この地域も歩きます。」

Img_2564600_2

Img_2546630

市街地形成の歴史を知る上でとても有意義なまちあるきとなりました。

私は 支部HPトップの写真 も集めながら・・・・。

よ〜し、これでしばらく行けるかな?


●●● ←Click here please. Thank You !

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 奈良の木フェア

奈良の木フェアに呼んで頂き、短い時間でしたが参加してきました。

以前訪れた吉野の方々と再会し、楽しいひとときでした。

今回は特に、吉野の桧に魅了されてしまいました。

Img_2504600

吉野桧無節のフローリング。桧は杉に比べて油分が多いのが特徴で、塗装しなくてもこのツヤです。ほんとに、スベスベツヤツヤ。

Img_2505600

吉野桧無節のフローリング。優しいピンクが温かい。ダイブした上にゴロニャンしたい衝動にかられます。

Img_2513600

樽材による衝立、内側を赤身、外側を白太にする理由は、赤と白の境界の白線帯という部分がアルコールの蒸発を防ぐのだそう。醤油なら赤身材だけでも良いが、お酒は白線帯が必要なのだそうです。なるほど。

Img_2521600

トンガリスギタナという、とんがりすぎな棚の横でポーズを取る作者の狩野さん。

Img_2520600

土倉庄三郎氏によるハードカバーの吉野林業の奥義書なるものも見せて頂いた。北斎画のような挿絵がすばらい。※この本は別の本です。
土倉庄三郎氏には日本全国から何万人と訪問客がおられたそうです。

Img_2508600_2

柿の葉寿司。旨い。台の杉がすごくいい色。

お声掛け頂き有難うございました〜。


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.18

■ かいじゅう公園 - 2

笹塚駅付近の玉川上水道緑道が

「怪獣公園」と呼ばれている件について、
情報を頂きましたのでご紹介します。

昔は、ほんの少ししか水が流れていない玉川上水がそのままで、干上がっている時は川の中が野原みたいで遊べた。 夕方になるとこうもりがいっぱい飛んでた。 どんどん橋(太鼓橋)があって、その横に小さな祠があって 白蛇が祀られていた。 その後、埋め立てて公園になり、その時に、現在時計がある場所(公園の時計、藤棚&お砂場がある)に 時計の高さ位のキングギドラとガメラが組み合っているような(?)怪獣のオブジェがあった。

ということでした。
野原のような玉川上水、見てみたいですね〜。
白蛇が祭られた祠にも興味がわきます。

ティラノサウルスやトリケラトプスのいる公園は見たことがあるのですが、 キングキドラとガメラのいる公園は予想できませんでした。

情報頂き有難うございました!


とまあ、近場の埋もれ歴史を発掘するのも楽しいものです。
皆さんも是非。


ちなみにこの「怪獣公園」、砂場のある公園ということで、少し離れたところからも砂場を求めて子供達が遊びに来ます。


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.13

■ かいじゅう公園

Kc3h0636600

事務所の近くに、このブログでも沢山写真をアップしている
玉川上水緑道という緑道があるのですが、
このあたりに昔から住む人たちは、そこを「かいじゅう公園」と呼びます。

なぜでしょう? 
緑道がネッシーのように蛇行しているから?
いえいえ、それが、どうやら違うようなのです。

30〜40年ほど前に怪獣のモニュメント(的なもの)があったらしく、今ではその面影もないのですが、今でもそこは「かいじゅう公園」の愛称で呼ばれているわけです。

どんな怪獣があったのか!
そこを調べてみても面白いと思いつつも、
検索しても写真は出てこない。

私の中で怪獣公園と言えば、玉川上水緑道ではなく
どうしても頭が写真の怪獣がいる公園に結びつきます。

写真は、東北沢駅近くの公園です。

どうでしょう?
けっこう珍しいですよね?
住宅街の公園にこの怪獣は贅沢ですよね?
時代を感じさせるわりには新しく綺麗な状態。
これしか無いですが、けっこう楽しめますよ。

Kc3h0634600



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.05

■ 中庭を囲む3階建てスキップフロアの家

Img_2367col600

Img_2373touch2600

Img_2386600

中庭を囲む3階建てスキップフロア、

ルーフバルコニー付きという、

敷地の可能性を最大限活かす提案です。


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.01

■ 運動会 と 代々木体育館

Kc3h1119600

1ヶ月ほど前、娘の運動会、

連れて行かれた先は代々木体育館でビックリしました。

こんなところで娘が運動会・・・すばらし〜。

それで初めてまじまじ見たのですよね、代々木体育館を。

「・・・・これは天才の仕事だな〜」

コルビジェの ロンシャンの教会 にも通じる何かを感じました。

運動会も見ましたし、参加もしましたが、天井も結構見ていました、笑。

Img_2192600




もう一つびっくりしたことは、

リレーのバトンを受けた後でこけてしまいました。

話には聞いていましたが、自分もこけるとは・・・

(リカバリーは素早かったんですけどね〜)

これは・・・水泳でスイスイ無重力環境で身体を鍛えている場合ではないぞと、

走ることは人間の基本。重力の中で身のこなしを鍛えなくてはと。

改めて思いました。



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■さんまパーティー

Kc3h1116600_2

先日、さんまパーティーに呼んでいただき、

楽しいひとときを過ごさせていただきました。

有り難うございました!!

新調されたシーリングライトも良い感じ。

最後には、山に向けて花火大会でした〜。

Kc3h1118600_2

かなりはっちゃけた花火大会でしたので、端っこだけ、笑。




●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »