« 2014年8月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年9月

2014.09.23

■ 練馬の家 引き渡し

Img_6651600

先日は竣工写真撮影でした。
「ちょっといいアングル見付けたんですけど〜」
などといいながらプロとコラボしてきました。
プロも一人で黙々と写真撮るよりは楽しいとのこと。

また、依頼主にも
「ちょっと〜、いいですね〜、やらかしちゃいましたね〜」
などと喜んで頂き、嬉しい日でした。

人に直接喜んでもらえるのは、やはりうれしい。
そのために自分はこの仕事をしてるんだな〜と、
再認識した日でした。
(いつもが再認識ですが)

喜んでもらうために、人は腕をふるう。
喜んでもらえれば、人は頑張れる。


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (2) | トラックバック (0)

■ 地盤面の決め方

Img_6705300

地盤面をどのレベルにするか

これを決めるのには、人知れず気を遣います。

雑草を 押しのけ、シャベルで部分的に土をどけ。

更地にした際に露出した基礎のレベルを調べました。


●隣の塀の基礎はどの高さにあるのか?

こちらを低くして塀が倒れてはいけないので。


●隣の地盤面の高さは?

土留めはどの程度の土圧を受けているのか。

また、近隣から水が流れ込みやすくならないよう。


測量図やレベル測量図でわからないことは

現地にて確認します。



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.15

■ 1棟耐震リフォーム

Mys063600

Mys069600

こちらは、将来的に
子世帯身内用シェアハウス的住宅や、
ご近所様用コミュニティ施設、
演劇やギャラリーやヨガ教室など、
住宅とは思えないワイドで施設的な構想で進んでいる
3世帯の耐震改修一棟リフォーム。

間取りはドキドキするぐらい大幅変更。
大地震時も倒壊しない耐震補強を目的として
プラスアルファのデザインコントロール。
災害時のエネルギー自給も目指されています。

そろそろ実施アップ。
頑張ります。


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■モダンでホコッリな和室

Img_6638600_4

依頼主のために
2階の北側斜線部分に作った
「ほっこりしたいんです〜」な和室。
建具が入って照明チェック
摩訶不思議な良い色の光に。
現場はいつも
予想を超えてくれるから好きです。


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.13

■ 広いバルコニー・目隠しルーバー

Img_6580col600

依頼主のために設計した、広いバルコニー。

端部4.5畳あり、L型に物干しスペースを経てキッチン勝手口へと

繋がっていきます。ワンちゃんや子供達が回遊する予定です。



私も、こんなバルコニーで、プールに入りたい。です。笑。



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ マンションからホテルへの用途変更

Gp01b11del600

用途変更PJ
少しだけご紹介

10階建ての中廊下型マンションを
2,3階をウィークリー・マンスリーとして
4階から10階をホテルとして用途変更する計画です。

ピロティ空間が大きな建物で
アプローチが非常に長く、悩ましく、デザインのしがいのある部分。
ランドスケープとして捉えようとしています。

デザインを求められて依頼を受けましたので、
頑張っております。

内部のデザインは、また次の機会に。


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.11

■「用途変更」になぜ取り組む?

自分はなぜ「用途変更」に取り組むのかだろうかと。ふと考えます。
難しい上に、スマートに行かないのに。ですよ。
まとめてみました

●社会的に必要とされていると感じる。
●誰かに必要とされれば、そのプロジェクトを成功させてあげたい。
●社会的に必要とされることに貢献できるというのは、
 やはり、やりがいのある仕事です。
●必要とされることをやるために、変えていきたいものがある。
●難しいものに挑戦したいという・・・何でしょう性?

比較的容易な用途変更もあるのだと思いますが、用途や規模によっては非常に難しいのです(私は容易な物件は手掛けたことがないですが・・・)。この難しさ、なかなか分かってもらえないので、それがまた辛いポイントです。


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2015年1月 »