« ■ 素材と形の面白さ | トップページ | ■ おっと素敵な裸電球 »

2015.02.16

■ 光の差し込む バリアフリールーム

Img_7675600
自ら設計した
バリアフリールームに
完成時宿泊させて頂いたのですが、
その朝の光を撮影したもの。

ある規模以上になると
バリアフリールームが無くてはホテルにできないわけですが
そのバリアフリールームを設けるのはなかなか難しいしお金もかかる。
スロープや通路幅を規定の寸法で確保するため、
2つの住戸を繋げる必要がありました。

バリアフリーだけではもったいないということで、
VIP対応も可能なように設えました。

当初はサービスを受けやすいようにフロント近くの階に計画していたところ
運営の判断で最終的に最上階となったわけですが、正解でした。

広く取られた部屋に差し込む光は気持ちよく、眺望もあり、
ここが大阪の中心部であることを忘れるようでした。
空間に差し込む光が清々しい。

いくつか写真を撮り終えたところで、
現場監督がドアのキーを開けてドアを全開、ストッパーをかけた。
現場らしい朝のルームサービス・・・。
いえ、残工事のチェックに来られたのでした。
既に着替えも済んでいたので、うろたえることもなく、
「おはようございま〜す。構わずどうぞ〜」の一言。

現場にはネタが尽きません。

私たちの設計する空間はシンプルで、空間勝負。
何も置かなくても完成するようにバランスさせて設計します。



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

|

« ■ 素材と形の面白さ | トップページ | ■ おっと素敵な裸電球 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/288439/58960778

この記事へのトラックバック一覧です: ■ 光の差し込む バリアフリールーム:

« ■ 素材と形の面白さ | トップページ | ■ おっと素敵な裸電球 »