« ■ 想定内の想定外 | トップページ | ■ 祝上棟 »

2015.03.18

■ ポイントクロス

Img_7212600_3

↑ベースクロスと、7色のポイントクロス。

Img_7165600

↑客室のモックアップに持ち込まれたは1m角のサンプル。

 

ホテル客室の一面にポイントとなるクロスを
階毎にバリエーションを付けるお話し。

 

ポイントになりながら、目立ちすぎない色。
部屋数が多いので高価でないクロスから選びました。

 

エコノミーな価格帯から質感の良い物を探すのは一苦労、
この7色を選び出すのに、取り寄せたカットサンプル数100以上、
微妙な色合い、素材感、上質感を見ます。

 

一つの素材感で微妙な色違いを出しているメーカーのシリーズ
が使いやすく、また、素材感のバリエーションも欲しいので、
2社以上の中から選ぶ必要がありました。

 

違う色のクロスを多数採用することはなかなか無いので
今回、徹底的に観察したことで、いくつか発見がありました。

 

薄いラベンダー色は意外に少ない

 

ホテルの豊かな時間を提供する空間として
薄いラベンダー色は是非使いたいと思っていましたが、
この色が各社少ない、濃いのは有っても薄いのが無い。
なぜだろう?

 

取り寄せて、実際の光環境に近い環境を作ってみると、
薄い紫色は、電球色の光の中では、グレーに見えてしまうのです。
キラッと光る薄紫色はどうかというと、シルバーに見えるわけです。
なるほど〜。

 

しかし、どうしても使いたい。
ホテルの光環境は、夜中心だと思いますが、
朝起きがけの時間も豊かな時間帯です。
その時間に本来の色に見えれば良いじゃないかと。

 

夜はキラッと光るシルバー、朝は薄いラベンダー色、
光によって演出が変わる色とも言えます。いいですねえ。

 

その考え方で、薄紫色も採用しました。

 

薄い緑色は意外に映える

 

薄い紫色が、電球色の中で映えない理由と同じ現象によって
逆に薄い緑色は、とても色が綺麗に出るのです。

 

うす緑色も使いたい色だったので、これは好都合。
確かに、薄い緑色のクロスは確かに多い。
なるほどそういうわけか。というわけです。

 

この色選びは、ほとんど任せて頂きました。
お施主さんに確認することが通常多いのですが、
今回は別でした、「大坪さんに選ばせておけば間違いない。」
ということで、好きなように選ばせて頂きました。

 

90室の部屋の壁のポイントクロスを、
個人的感覚で決めてしまったのです。
そう言う仕事も、なかなか刺激的です。
身の引き締まる思いでした。

 

 

それで、どんな空間になったの?
って思うのではないかと思いますが、
まだまだ見せられません。

 

この半年間は、相当濃密でしたから、
そう簡単に全貌は見せられません。
半年のできごとが、1年のように感じられました。
そして、完成したのも、1年も前のできごとような気がします。



●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

|

« ■ 想定内の想定外 | トップページ | ■ 祝上棟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/288439/59316070

この記事へのトラックバック一覧です: ■ ポイントクロス:

« ■ 想定内の想定外 | トップページ | ■ 祝上棟 »