« ■ 黒い壁 と 構造材 | トップページ | ■ 階段を降りてくるのは誰? »

2015.09.02

■ 構造を活かした ギャラリースペース

Img_0460600


1棟丸ごと耐震リフォームで完成した、ギャラリースペース。

補強した壁は、建物全体に渡りますが、

耐震改修したことをデザインで見せる場所として、玄関ホールを選びました。


左の壁は、補強した壁の「柱」と「間柱」の間に板を渡して

本棚スペースに利用しています。


工事途中には、お施主さんと

「構造材いいですよね〜、そのまま見せたいですよね〜、そうしましょうか!」

なんて話していたのですが、

いろいろ仕上がってくると、構造材の荒々しさが

部分的に浮きすぎるのではないか、ということで、

当初通り仕上げることにさせていただきました。


そのように、工事中の、合板で囲まれた、何も無い空間というのも、

また何とも言えず素敵で、設計というお仕事をさせていただきながらも、

「このまま何もいらない!」などと、思ってしまうことも多々ありましたが、

仕上がってみると、やっぱりこれで良かったと思います。


と、そういえば、梯子がかかっていますね〜

多世帯住宅のため、人の抜け道、風の通り道が至る所にあります。


この梯子は、思いがけず発見した 吉野の赤杉木製はしご  

強度と耐久性を考慮し「赤」をチョイス。なかなかいい感じです。

ちなみに、徳島の木頭杉の梯子 もありましたが、

段の数が多い方を選ばせていただきました。


本棚を挟む2枚の框戸にはまっているのは、

ガラスではなく、ポリカーボネート板、

おじいちゃん、おばあちゃんに配慮しつつ、

明るく繋がった空間をデザインしています。


このスペース1つで、話はつきませんが、今回はこのへんで。


最後に、左の壁の工事中の写真はを下にアップ。

こうしてみると、やはり変わるものですね。


Img_8898600_2



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

|

« ■ 黒い壁 と 構造材 | トップページ | ■ 階段を降りてくるのは誰? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/288439/61439168

この記事へのトラックバック一覧です: ■ 構造を活かした ギャラリースペース:

« ■ 黒い壁 と 構造材 | トップページ | ■ 階段を降りてくるのは誰? »