« 2016年1月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016.05.27

■ T-HOUSE morioka

Tmk05g_406300600

岩手県盛岡市の家が、

そろそろ完成します。

現在、外構工事が進んでいます。

寒冷地、積雪のある地域で、高気密高断熱の暖かい家を、

現地の気候や仕様に詳しい、信頼のある工務店チームと協力し、

お客様の望むモダンなデザインを実現できないか

というところからスタートし、実現させたものです。

完成が楽しみです。


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.25

■ M-HOUSE komae 耐震改修

003_0439600_2

昨年夏に東京都狛江市に完成した、1棟耐震改修の全貌のご紹介です。

2世帯から3世帯、友達誘ってシェアハウス、ケアハウス、 趣味、演劇、ギャラリー

などなど

様々な目的で使うことを想定した、個人宅でありながらコミュニティーセンター・・・・

のような意気込みの、一戸建て住宅の耐震改修です。

建物としては、吹き抜けの無かったところに吹き抜けをつくり、階段も移動してストリップ階段としています。風と人の抜け道となる梯子開口もあり、耐震壁は全体に渡っていますが、一部それらを棚として見せる場所をつくったりと・・・・。あとは写真を見ながらご紹介しましょう。

001_0464600_2

玄関と土間を仕切る框戸

002_0462600

を、開けるとこんな感じです。既存の窓の格子と、新設のアンティークな照明がマッチしています。

005_0456600

ギャラリー。本棚で囲まれています。正面が耐震壁。

006_0450600

その両脇の框戸を開けると、こんな感じです。梯子で上にも行けます。

007_0460600

パソコンスペースも有り、図書スペースとなっています。その先は?

009_0434600

和室を改装した洋室です。

008_0415600

既存の障子とも、なかなか合っております。

028_0510600

柱の森・・・。既存の痕跡が残るのが、改修の面白さだと思っています。

021_0486600

残った柱が、いい・・・のです。無いのも勿論良いですが、有るのもまた味なのです。

014_0511600

さて、上に参りましょう。耐震壁が棚になっていた部分の裏の階段です。

015_0516600

演劇の装置にも使えるようにしつらえた階段

016_0531600_2

030_0575600

2階です

040_0578600

梯子開口です。人と洗濯物が行き来します。この後、ここに滑車が取り付けられました。

034_0560600

041_0652600

044_0646600

お施主様、左官工事を楽しまれていました。

045_0642600

048_0635600

お施主様、タイル貼りも楽しまれていました。

047_0648600

既存のドアノブも面白いものは活かします。

050_0624600

インダストリアルでなかなか良いです。

既存のブラケット照明のシェードを外して利用したものですが、

皆さんも一度シェードを外してみても良いと思います。


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 気がつけば 500記事、そして10年

気がつけば 500記事。


記事の数は特に気にしていませんが、何となく達成感?
毎日書けば1年半で書いてしまう数字かもしれません。

そして弊社も、気がつけば、独立してから10年目。
すると1年で50記事ということでしょうか・・・。
微妙です。

大丈夫です。
中身の方がきっと大事です。


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.23

■ HOTEL in osaka

Img_7674600

Img_7673600

一昨年末、大阪は心斎橋付近に完成したホテルの全貌をご紹介します。

このホテルは、バブル以降、周辺の街が変わってしまい、採算が合わなくなってしまった延床面積2000m2以上のマンションを建物全体に渡って用途変更+リニューアルデザインし、ホテル + ウィークリーホテルとしてし再生させたプロジェクトです。

建物単体でおこなえる街づくり(建物と街の再構成)の一つになり得ないだろうか(?)との姿勢をもって取り組んだものです。

まずご紹介する上の写真は、ホテルの最上階に位置するバリアフリールームです。早朝の柔らかい光の雰囲気が現れている写真ですので、冒頭に紹介させて頂きました。

それでは、以下は物件の、外観も含めた全貌となります。

Entrance_11480d

既存のゲートもリニューアル。ヨーロッパの建築家のスカルパっぽいレリーフは、もともとあったデザインですが、色・仕上・照明・サインについて、弊社でリ・デザインさせて頂きました。

床のタイルも含めた外構についても、メンテナンス性を考慮しつつデザインしています。この広いピロティ空間(柱に囲まれた屋外空間)は、この建物特有の個性でしたのでリニューアルの要として、もっといろいろやりたかったのですが、既存のケヤキを活かすために落葉のメンテナンス性を考慮して、総タイル貼りとなりました。

Entrance_9480d

エントランスです。新しく制作した自動ドアを含むサッシの向こう側がロビー空間となっています。黒いタイル貼りの衝立壁の向こうは、喫煙スペースです。これらの構成は、既存の建物と全く異なり壁も含めて再構成しています。

Lobby_1480d

エントランスロビー

Lobby_4480d

受付カウンター

Lobby_3480

PCスペース。既存のタイル貼り壁の素材感を活かしています。

Lobbytoilet480

バリアフリートイレ、最も設備の多いタイプです。

さて、ここからは客室のご紹介です。

Room1001_2480

Type-A

Room1001_6480

Type-A(別アングル)

Room502_1480

Type-B

Room505480

Type-C

Room1003_1480

バリアフリールーム。

ワンルームマンションの2室を繋げて、車椅子対応とした客室です。

Room1003_3480

バリアフリールーム(別アングル)

Room1003_4480

バリアフリールーム - 3 水廻りとの関係

Room1003_5480

バリアフリールーム - 4 水廻り

Room1003_6480

バリアフリーユニットバス


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年6月 »