« 2017年11月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018.01.27

■ 駅舎デザインの提案 - 2

Img127630


『人・緑・歴史を繋ぐ “橋”』


駅周辺の緑豊かな環境を駅を介して繋ぐことで、

分断された緑、人の流れ、歴史を繋ぐ “橋” となる駅 の提案。

代田橋には, 和田堀給水場・玉川上水緑道など、

古くから “水道” に関わる緑地がある。

新しい駅は, その貴重な都市環境にスポットライトを当て,

ガラス張りの高架駅からはそれらの風景を眺めることができ,

周辺の緑地を視覚的に繋ぐ。

また, 駅舎のデザインに周辺の環境や歴史を取り込む(下記参照)

ことによって駅を特徴付け, 利用する人々に街や駅の魅力を伝える。


Dstsk05630

Img033_bcutdel630


代田橋周辺には, 古くから “水道” に関わる緑地があり,

駅を介してそれらの周辺環境・緑地を繋ぐ。

更に, 新しい親水広場を緑道沿いにつくるなど,

緑地方面からのアクセスを強化できたら良いと考える。


【高架のデザイン】

駅周辺の広場や給水所から見える部分について,

アーチ形状として柔らかな, 人や街に馴染みやすい形状とする。

また, 表面には煉瓦タイルを貼るなどして,

ゆずり橋 など “水道” や “水道橋” のイメージとも繋がりのある素材感を与える。


Img033_ccut630

“水道橋” を思わせる柔らかいアーチ形状の高架の上にガラス張りのホーム。

ガラス上屋の内部に鉄骨アーチが見えている。

Dstsk01630

01re_1


風景に馴染む高架イメージ


【ホームのデザイン】


周辺の環境・緑地をつなぐガラス張りの箱。

目隠が必要となる部分は曇りガラス等として透明度・遮蔽度の調整が可能とする。

構造は古レールのアーチ構造をイメージさせる細身の鉄骨構造として

“水道” に関わる歴史とも繋がる土木的なデザインとし,

歴史の奥行きを感じさせるデザインとする。

全体のデザインの印象としては “レトロ - モダン”


Img033_acut630_2


ガラスで囲まれた駅のホームからは、

ガラス越しに周辺の緑・街並みが見え、街の特徴や歴史がわかる。

構造は細身の鉄骨のアーチが連続した空間。

“水道” から連想される土木的なデザインが街の歴史を伝える。


Dstsk02630

ホーム架構検討スケッチ - 1: 細身の鉄骨の架構検討


Dstsk03630

ホーム架構検討スケッチ - 2: 階段部分の架構バリエーション


Dstsk04cut630

ホーム架構検討スケッチ - 3: 基本となる架構イメージ



以上は、ホームが中央で、線路が外側に有るタイプの提案。

以下は、線路が中央で、ホームが外側に有るタイプの形状検討。

周辺の緑地を取り込む形状とし、

ホームに人の溜まりを設けることができる計画となっている。

Img1292630

Dstsk06630





●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.26

■ 駅舎デザインの提案 - 1

Img033_a630

昨年の夏、

京王線の高架化に伴い新しくなる駅舎デザインの提案に、

参加しました。


私達のようなプロが参加する場所かどうか不明ですが、

周辺に親しみ、そこそこ長く住む者として、提案しないわけにはいきません。

ということで、子供と並んで、夏休みの宿題として取り組んだ次第です。


提案する駅は、

代田橋・明大前・下高井戸・桜上水・上北沢・芦花公園・千歳烏山

の7駅から選んで良いわけですが、

その中から親しみの有る代田橋駅をピックアップしました。

なんと言うか、昭和のような雰囲気も残る、穴場的な風情のある代田橋、

独立時に事務所物件を探した駅でもあります。

Img_8865630

さて、代田橋駅周辺について少しご案内。

私達が目を付けたことは、

代田橋駅周辺は和田堀給水所玉川上水緑道等の緑地に恵まれているのですが、

「裏」の方に位置づけられていたり、迂回する井の頭通りに隔てられて、

街の中であまり活かされていないように感じていたことです。


古くからの町の機能、歴史、そこにしかない環境、

それらを「駅舎」によって繋ぎ、

町の顔にした方が良いのでは(?)という提案です。


下は駅周辺の玉川上水緑道。

せっかく恵まれた環境を持ちながら、 「裏」になってしまい、

ほとんど人が通っていません。もったいない。

Img_9852630

駅より北側の緑地と小径。

向かい側の敷地は、駅の高架化に伴って用地整備中の模様。

どうせなら、橋でも渡して、駅にアクセスする広場にたらどうだろう。

Img_9844630

緑のトンネルを抜ける感じなど。

Img_9870630

玉川上水緑道から見える、代田橋駅の下りホーム。

Img_9867630

和田堀給水所から笹塚・新宿方面へ供給するために

玉川上水道の上に渡された水道管の脇に有る「ゆずり橋

Img_9857630

親水広場的に整備されていて良いのですが、

少々薄暗く、人も時々しか通らない。もったいない。

20180127_101349630

そして、次は和田堀給水所

丸い施設を含んだ大きな四角い敷地部分です。

今は工事中で絵にならないのですが、

和田堀給水所 紅葉」などで google 画像検索すると、

良さげな写真が見つかります。

630

また「和田堀給水所建替に伴う街づくり誘導指針.pdf

というのも見つかるのですが、駅前の多少 オープンな緑地として整備される模様。

あの複雑に曲がりくねる井の頭通りも解消される模様。それはいいですね〜。

(豆知識ですが、井の頭通りは、この給水所から供給される水道道路だったそうで、

それで、井の頭通りが給水所を串刺しにするような形になっているのです。納得。)

水道道路とか掘り下げると結構面白いのですが、

こういう歴史のレイヤーにスポットライトを当てると、面白いと思うのです 。



こういった、他の駅には無い地域地域の顔になる施設に駅を開き、

もっとオープンな楽しい駅にできないかと考えてしまうわけです。




追伸.

余談ですが、、、

20180127_111607630

玉川上水緑道が、井の頭線の上を飛んでいるの知ってます?

明大前駅の少し北、遊歩道が大きな水道管を挟む形で飛んでます。

都市のインフラは面白い。



>> 次回へ続く


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.08

■ ラオス訪問

Img_0203630

現在進行中のプロジェクトと絡めて、お客さんからの誘いを受け、
昨年12月、ラオスを訪問してきました。

首都ヴィエンチャンでホームステイさせて頂きながら、その周辺を訪れ、
生活習慣・住居形式・食生活・街並・風景・観光地・リゾート施設
などを体験することができ、良い経験をさせて頂きました。

年の瀬に? しかも初アジアとのことで しばし悩みましたが、
頼もしい案内人に誘われている時に行っておかなくては、
この良い機会を逃してはいかんと思い、少々無理した次第。

写真は、首都から車で4時間ほどのヴァンヴィエンという観光地です。
新しく訪れる国では、都市と田舎の両方を見るようにしているのですが、
こちらは、田舎にある観光地です。
田舎も見たいとリクエストしたところ、比較的近い場所として教えて頂きました。

個人的に好きな風景で、散策・観察など楽しませて頂きました。

Img_0204630

Img_0267630

Img_0327630

Img_0243630

Img_0417630

Img_0420630

Img_0469630



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.05

■ Season's Greetings 2018 & 12th anniversary

2018koa1000_4

Season's Greetings 2018   &  12th anniversary

日頃お世話になっている皆様へ

皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、弊社は今年で 設立12周年 を迎えます。
実作も増え様々な経験を積んで参りました。
これも皆様とのご縁の賜物と感謝しております。
感性に磨きをかけつつ、皆様とのご縁を大切にしながら、
より多くの印象的な建築・空間を創り出し、
ご期待に沿えるよう精進して参ります。
今後とも宜しくお願い申し上げます。


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年2月 »