« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018.12.11

■ ストック活用の これからのスタンダード

2年ほど前から、
とある委員会にオブザーバーとして参加していたのですが、
今年の10月から委員となりました。

委員になるからには、私なりに見据えるものが必要だと思い、
関わるようになった当初から私が持っていた意見と、
皆様と議論させて頂いた中で補正していった、私なりの現時点での答えを
ここに提案としてまとめてみることにしました。
私のモチュベーションの大元ですので、ここは大事にしたいところ。

そもそも、参加するようになったのは、
ストック活用の方面で何件か実務を依頼され、それをやり遂げた中で
どうも法規や手続きが随分とわかりづらく、やりにくい。
これはなんとかならないのだろうかと思ったことがきっかけでした。

街が変わっていっているのだから、
それに合わせて建物の用途を変更する事は必要なことであり、
優先順位の低い取り決めによって、
用途変更できなくなってしまうようなことにはならない方が良い。
あくまで「用途変更を推奨し、手助けする方向」で処理していくことが必要
と感じました。

その根本として私が着目したものは何かと言うと
「法律」でした。

用途変更に関わる法律はまだまだ発展途上、緩和は徐々に進んでいるものの、
根本的な難しさは、変わらないように感じています。
緩和が発表される度に、私が思うことは、
「あ~やっぱり緩和したんだね~、でもやっぱり難しいままだな~(悩)」
その程度では不十分だ~~というのが感想なのです。

しかしながら、法律というのは、知れば知るほど、様々な絡みがあり、
経済とも関わっており、
何かをどうこうすれば 「必ず良くなる」 というような簡単なことではない
ということもわかってきました。

これはもう、法を組み立てる専門家でなけれは、
バランスを取るのが難しそうなのです。
現在議論されていることは、なんと、
約60年前にも議論されていたのだというのです。。。。
60年変わらなかったものが、今後変わるのにいったい何年かかると言うのだろう。。。。
私はしばらく、この難しさに意気消沈・落胆した。

しかし、再度思い直した次第。
高度経済成長の時代には60年変わらなかったかもしれない。
しかし、変るなら今 (頃 (^^)) だと思われるのです。

バランスを取るのは、その方面での専門家の方々に
知恵を出して頂ければ良いのである。
意見をあげるのは実務をする私達の仕事。
それで良いのである。そこからしか始まりようがないではないか。
そこを遠慮していてはしょうがない。
そう思ったのです。


「提案」というかたちで表現したいと思います。
提案の名前はこうです。


『ストック活用の これからのスタンダード』


●最低限、規模の大きめの用途変更について、
建築士の必要な手続きとして建築士法に規定し、
適切に完成させる

用途変更をしようとする場合、建築士の存在が現実的に必要でありながらも、
法律上、建築士の必要性が明確に規定されていない。
細かく複雑な手続きが求められる割に、実際は曖昧で、
その表す真意を理解するのに時間がかかる上に、
建築士としての立ち位置に規定が無いため、
よりどころの無い不安定な立場となる。危なっかしくリスクが高い。

この解決方法としては、
建築士法の中で、用途変更が建築士の仕事として
明確に規定されることによって、防ぐ事ができる。
これを防ぐことにより、リスクが減り、進めやすくなれば、
用途変更は進展すると考えるのです。
また、下の2項と合わせた3セットで、建築の適切性が担保されます。


●完了検査に近い確認手続きを設ける

私は、建築が完了検査を受けることが普通である時代に建築を学んだ世代なので、
用途変更の場合には完了検査が不要となることが不思議というか、
逆に、やりにくいと感じています。
用途変更に完了検査が無いのは、
新築から何十年も経った建物のすべての箇所が適切かどうかを、
公的にお墨付きを与えるということはなかなか難しく、
非常に骨の折れる仕事だからなのですが。。。。。

この解決方法としては、
用途変更で改装に関わった最低限重要な事項に限定した上で、
完成の確認をおこなうことで解決できます。
様々な関係者の立場や仕事が守られという意味でも健全であり、
オーナーにとっても、外部の評価を得て建物の価値を維持する上でも
効果的ではないかと考えます。


●建築を適切に完成し、維持するのは、建て主。
建物の客観的評価を高め、維持しましょう


建築基準法の中で、建築を適切に完成させるかどうかの責任の所在が、
建物の所有者(建て主)になっているということを、皆さんご存知でしょうか? 
意外にここはわかりづらい部分です。

建築士は、建て主の希望を叶えるための設計をするわけですが、
適切に完成させるというのが基本的な前提です。
前提ですが、それよりも影響力があるのが建て主だということは、
理解のできる部分かと思います。
最終的な影響力を持つ建て主が責任を持つことは、
これはまあ、現実的であり、そうであって良いかもしれない思える部分です。

建物という器は、時代と共に役割を変えざるを得ないわけです。
役割・用途を適切に変えられた方が良く、その方が建物を長く使えます。
そのためには、適切に完成し、その証明を得る事が、
外部の評価を得る上でも重要になってきます。
これからの世の中、事業主や企業などが、常に適切に建物を維持していくことが、
スタンダードに求められる世の中になるのではないかと思います。


私たちは、建物を適切に完成させたいと考える方々の
手助けをしていきたいと考えています。



関連記事:

■ 用途変更・コンバージョンのためのチェックポイント :
持続可能な施設運営のために


■ 用途変更・コンバージョンのためのチェックポイント :
持続可能な施設運営のために-2




●●● ←Click here please. Thank You !

 

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »