« ■ 風景の継承はアイデンティティーを強くしないのかどうか | トップページ | ■ メンテナンスのご相談 »

2019.06.27

■風景の継承はアイデンティティーを強くしないのかどうか-2

>前回の続き

風景の継承はアイデンティティーを強くする(断言)

それを逆説的に証明するため、
この際、私の生い立ちをご紹介してしまおうという企画。

まず私の容姿、ハーフですかと良く聞かれます。どう考えてもどこかで西洋系が混ざっているとしか考えられない(※)。でも正真正銘の日本人。自分はどこから来たのか、私自身それは永遠のテーマ。もはやその追跡は趣味となっています。バテレン系だねと言う方も居れば、中国にそういう人種がいるよという方もおられた(びっくり本当?)。ジェイソン・ステイサムに似ていると最近よく言われるのですが、気をよくして自分から言うと「盛りすぎじゃないか」と言われる始末。

親戚は皆九州。両親は 佐賀から始まり → 福岡・北九州 → 千葉 へと移動。八幡製鉄所が東京湾に進出し新日本製鐵となる際に関東に来た系列。従いまして、私の血は完全に九州男児で間違いない。ですが、本当の九州男児と実際に接してみると、自分はそれ程の気風は持っていないかもしれない。血は九州でも標準語によって標準化された「関東男児」 。こういったものは「血」と言うより「環境」によって形成されるものだということが私自身によって証明されているのかなあと。

標準語によって標準化された「関東男児」は方言を持たない。なので、方言にとても魅力を感じる。親類から聞いたことが有るので少々しゃべれるがネイティブではない。マネしている感覚をぬぐえない。

私における「三つ子の魂百までも」の風景は “団地”。3才まで団地でその後は住宅街。ということもあり、団地の豊かな緑のオープンスペースが今でも非常に懐かしい。調査などで団地に行くこともあるのですが、「お、これこれ、この感じだよ〜」と写真を撮るくらいである。しかしながら、私が過ごしたその団地は今は無く、宅地化されて戸建て住宅が広がっているということである。昔目にした風景をもう一度見ることはできない。まあ、見れたからといってそれほど変わるものでも無いかもしれないのだけど、もう一度見てみたいという気持ちはやはりずっと持ち続けている。

団地が「美しい風景」の部類に入るかと言えば、そういう類いの物ではないと思うのですが、団地が「生まれ故郷の風景」になっていることは確かなことなのです。そういうものでさえ、何かしらの形で存在し続けてくれたら嬉しいとさえ思う。また、そういった風景が、もし伝統的集落や富士山の麓の農家だったとしたら、それはもう「三つ子の魂」は今とは全然違うのかもしれない想像してしまうわけです。実際そういうわけで、私は第二の故郷と言えるような視覚的に美しい風景をいつも探している傾向が有るのです。それが建築を含めた美しい風景を設計したいというモチュベーションにつながっていて、今の私があるのかもしれないのですが。視覚情報が私にとっては結構大事なのですよね。

私の生い立ちはそんなところです。

時代の変化等によって風景も変わる。それはいいとして、変わるところと、変わらないところを分ければより良いのではないかと思いますよね。変わらないところも必要。また、もし変わってしまったとしても、変わった後の風景が美しければ、そこは誇りに思える風景になる。心の軸になる。美しい風景が増えれば誇りがモリモリ持てる。誇りを持っている人は自信にあふれる。自信を持っている人は強くぶれない。そういう人々の住む地域や国は強い。これはもう、疑問を挟む余地が無い。

そう言う私には、アイデンティティーに対する確たるものは無い。
いつも探しつつ、確認している。だから確たるものが有れば良いと願う。
それは誇りを持てる、美しい風景だと思っているのです。(完)



※注:日本人はたいてい何かが混ざっている人種と考えられます。貴方も勿論。

 

 

 

●●● ←Click here please. Thank You !

 

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________
Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所

 

|

« ■ 風景の継承はアイデンティティーを強くしないのかどうか | トップページ | ■ メンテナンスのご相談 »

■a3. まち・風土 と 建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■ 風景の継承はアイデンティティーを強くしないのかどうか | トップページ | ■ メンテナンスのご相談 »