« 2020年4月 | トップページ

2020年7月

2020.07.26

■ 竹が面白い

Bamboohatsuri630

近頃、竹が面白い。

昨年の夏から参加している、とあるプロジェクトのワークショップで、
土間に転がっていた青竹(生竹)に、鉈を入れてみたのですが、

この、鉈でハツっただけの素材感、
サクッと削り落とせる気持ちよさも相まって、
その素材感が、とてもいいなあと。

初めて出会ったような素材感。
この ラフな 素 の感じ。
この「ハツりっ放し」の断面が、光を吸収して、マットで、目に心地いい。

ハツった後に乾燥させたので、木目の凹凸が収縮し、
「うづくり」のように凹凸が際立っているところも面白い。

ただ、ハツりの厚さの違いによって歪まないように、
成形しながら乾燥させる必要があり、手間がかかってしまった。
通常は順番が逆。


下の写真は、九州大分県別府の竹による伝統工芸を支えている 永井製竹所 から
メンバーのデザイナーさんが東京に取り寄せた竹の茶碗。
磨かれた物ですが、こちらも美しい。

ワオ〜という目で見ていたら「あげます!」とのことで頂きました。

Bamboochawan2630

Bamboochawan1630

「竹」

今まで、なぜ、この素材感の良さを感じた事が無かったのだろうと考えた。
よく考えると、私にとって竹はそれほど身近に無かったのかなと。

時折竹林を見る割には、竹を手に取って、触る機会はほぼ無かったかもしれない。
また、竹林は、生け垣で囲まれた人様のもので入れなかった。

身近に有る竹製品と言えば、孫の手・青竹踏み・耳かき・・・程度?。

関東地方で、市街地で生まれ育つ私達の時代には、
既に竹製品がプラスチックに取って変わっていたのですね〜。

周りの年配の方に少し話を聞いてみると、
昔は生活のあらゆる物が竹でつくられていたそう。
虫取りの籠も竹による自家製だったのだとか。

現在では、竹は、茶の席・アート的工芸品といった分野で主に扱われているようで、
それで見る機会も少なかったのかもしれない。
美術館で竹工芸を見かけたことも無かったような・・・
もしかすると有ったのかもしれないですが、
身近な物ではないために意識に上ってこなかったのかもしれない。

改めて工芸品など調べると、
建築の造形に通じるようなものも多く、
様々出てきて楽しい。
というか、まさに「国宝級」。
知らずに過ごすにはもったいない。

竹工芸品のような竹建築を、日本でも作れたら面白いと思う。

最上の写真は、生竹をハツって乾燥させただけものなので、
現在、竹工芸品の加工手順「油抜き→天日乾燥→加工」で作った場合
ハツり面がどうなるのか試しています。

↓「続きを読む」ページでご紹介。


続きを読む "■ 竹が面白い"

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ