カテゴリー「■d. 自然のカタチ」の28件の記事

2020.07.26

■ 竹が面白い

Bamboohatsuri630

近頃、竹が面白い。

昨年の夏から参加している、とあるプロジェクトのワークショップで、
土間に転がっていた青竹(生竹)に、鉈を入れてみたのですが、

この、鉈でハツっただけの素材感、
サクッと削り落とせる気持ちよさも相まって、
その素材感が、とてもいいなあと。

初めて出会ったような素材感。
この ラフな 素 の感じ。
この「ハツりっ放し」の断面が、光を吸収して、マットで、目に心地いい。

ハツった後に乾燥させたので、木目の凹凸が収縮し、
「うづくり」のように凹凸が際立っているところも面白い。

ただ、ハツりの厚さの違いによって歪まないように、
成形しながら乾燥させる必要があり、手間がかかってしまった。
通常は順番が逆。


下の写真は、九州大分県別府の竹による伝統工芸を支えている 永井製竹所 から
メンバーのデザイナーさんが東京に取り寄せた竹の茶碗。
磨かれた物ですが、こちらも美しい。

ワオ〜という目で見ていたら「あげます!」とのことで頂きました。

Bamboochawan2630

Bamboochawan1630

「竹」

今まで、なぜ、この素材感の良さを感じた事が無かったのだろうと考えた。
よく考えると、私にとって竹はそれほど身近に無かったのかなと。

時折竹林を見る割には、竹を手に取って、触る機会はほぼ無かったかもしれない。
また、竹林は、生け垣で囲まれた人様のもので入れなかった。

身近に有る竹製品と言えば、孫の手・青竹踏み・耳かき・・・程度?。

関東地方で、市街地で生まれ育つ私達の時代には、
既に竹製品がプラスチックに取って変わっていたのですね〜。

周りの年配の方に少し話を聞いてみると、
昔は生活のあらゆる物が竹でつくられていたそう。
虫取りの籠も竹による自家製だったのだとか。

現在では、竹は、茶の席・アート的工芸品といった分野で主に扱われているようで、
それで見る機会も少なかったのかもしれない。
美術館で竹工芸を見かけたことも無かったような・・・
もしかすると有ったのかもしれないですが、
身近な物ではないために意識に上ってこなかったのかもしれない。

改めて工芸品など調べると、
建築の造形に通じるようなものも多く、
様々出てきて楽しい。
というか、まさに「国宝級」。
知らずに過ごすにはもったいない。

竹工芸品のような竹建築を、日本でも作れたら面白いと思う。

最上の写真は、生竹をハツって乾燥させただけものなので、
現在、竹工芸品の加工手順「油抜き→天日乾燥→加工」で作った場合
ハツり面がどうなるのか試しています。

↓「続きを読む」ページでご紹介。


続きを読む "■ 竹が面白い"

| | コメント (0)

2018.05.12

■ 形のスケッチ

今まで、建築で表現するのは難しいかな〜

 

と思っていた形やイメージを、まあそう遠慮せずに

 

何かしらスタディして形にしていこうと思い始めています。

 

 

 

建築で無理ならインスタレーションでも良いし

 

インスタレーションが無理なら、彫刻や模型でもいい。

 

 

 

というわけで、昔から描いていたスケッチを

 

ここでご紹介していこうと思います。

 

 

 

これらのスケッチは、

 

全くのインスピレーション、落書き、未完成なので、

 

スケッチを描いた後、自分でこう思ったりしていたものです。

 

「ん〜まあ、いい感じ?。でも、これ、どうにもならないな〜」

 

「ん〜、そのまんまだな〜」

 

 

 

浮いているもの、

 

消えていくもの、

 

無限に広がるもの、

 

を現実化するのは難しい。

 

イメージの中では成立して見えるモノを、

 

どのように立ち上げるかは、また別問題。

 

 

 

でも、最近思い始めました。

 

浮かしちゃえばいいか! いや、わかりませんが。。。

 

 

 

Hone_to_kabe630

 

流木と壁

 

 

 

Kai_to_suna630

 

貝と砂漠

 

 

 

ひとまず、似通ったシリーズの2点。

 

 

 

ボールペン画。

 

 

 

 

●●● ←Click here please. Thank You !

 

 

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________
Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所

 

 

保存保存

 

保存保存

 

保存保存

 

保存保存

 

保存保存

 

保存保存

 

保存保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.06

■ 自然の色・形

Img_1785630





Img_1787630


実は貝好きです。 何をいまさら 笑。


その前に海好きなのですが、どうしても拾ってしまいます。

家族で帰省の際に、昔厳選してたものを子に広げて見せてみた。

やっぱりいいですね〜。


上の写真のやつを、並べてみたのが下です。

大学生の頃の写真で、初公開。


1re

標本的な感じで。


2re

アートな感じで。




上の貝は、主に千葉県館山市の平砂浦海岸で取れた物。

今回、千葉県富津市の布引海岸の遊泳エリアの奥に行ってみたのですが、

平砂浦海岸と同じような感じで、なかなかGOOD!

嵐の後でしたので、大物がごろごろ取れました。


今回初めて発見し、印象に残ったのが、いぶし銀色の貝(下)。


Img_1798630


Img_1792630


Img_1793630

色の迫力もさることながら、膨らみが強く、

凹凸もハッキリしていて、かっこ良い。渋い器のようです。


ドームのような建築物が思い浮かびます。


このような自然の形を、どのように建築物に埋め込んでいけるか。

いつも考えてしまうのです。






●●● ←Click here please. Thank You !

 

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.23

■ 曲紙 project summer2013

Img_1320600

子供と一緒に
正方形の折り紙で、自由な形を作っています。

「正方形の紙」→シンプルな素材から

「絞られた部分から伸びる辺はほぼ直線」→合理的に

「紙の弾性を素直に形に反映させる」→自然な曲線を生み出す

というところが魅力的だと思っています。
このような建築ができたらいいなあと、凄く思います。
どなたか関心のある方、ご一緒に曲げ曲げしましょう。(^^)

Img_1318600

Img_1317600

Img_1360600

Img_1329600

Img_1359600

Img_1390600

Img_1355600

Img_1353600

Img_1345600




●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.11

■ 曲紙 project-2

Img_7619600

勝手に進行中の 曲紙プロジェクト

FAXがまだ感熱紙だった頃、出すだけ出して処分しようと思った、その瞬間の写真です。

偶然や物の性質をうまく利用した形は

自然が生み出す形に近いのかもしれないと思います。

そんな要素を、建築に入れ込めないだろうか。

そんなことを考えています。

Img_7641600_3

Img_7645600_2



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.29

■ メタセコイアの果球

Img_8512600_2

一つ前のブログの松ぼっくり。
何ぼっくりか、
教えて頂きました。


メタセコイアの果球だそうです。
教えて下さった方、有り難うございます!


メタセコイアなんだってよ?
どこで拾ったの?
と尋ねたところ


新宿御苑とのこと。なるほど。


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.28

■ 松ぼっくりに似た・・・

Img_8524600_2

松ぼっくりに似た何か。

凄くいい形。

これは何でしょうか。

Img_8525600_2



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.14

■ 鉄・花・木漏れ日

Img_9040600_2




Img_9036600_2

鉄錆 と 散った桜 と 木漏れ日 と




●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.05

■ マダラ模様

Img_8775cut600_2

撮ってくれと頼むので、

しょうがないね〜と本気でレイアウト。

そして真剣に撮る。

白く飛んだマダラ模様が美しい。

Img_8779600_2



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.07

■ 曲紙 project

折るのをやめて曲げてみた。
長年探し求めていた形が見つかった。
これを何かで実現出来ないだろうか。
説明図通りに決して折ろうとしない娘よ有り難う!

Img_7902mei600

Img_7919mei600

Img_7936mei600

Img_7885col600

Img_7900col600

Img_7911600

Img_7916cut600

Img_7922cut600


これを合理的に、
コストをかけずに実現するかというのは結構難しい。
RC?  竹? 突板? 南京玉スダレ?
興味のある方がおられましたら是非お声掛け下さい。
巨大遊具(!!)・照明などなど
いろいろ展開できれば〜などと妄想しておりますので(^^)
2013.2.20 


●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (2) | トラックバック (0)