カテゴリー「■a3. まち・風土 と 建築」の37件の記事

2019.06.27

■風景の継承はアイデンティティーを強くしないのかどうか-2

>前回の続き

風景の継承はアイデンティティーを強くする(断言)

それを逆説的に証明するため、
この際、私の生い立ちをご紹介してしまおうという企画。

まず私の容姿、ハーフですかと良く聞かれます。どう考えてもどこかで西洋系が混ざっているとしか考えられない(※)。でも正真正銘の日本人。自分はどこから来たのか、私自身それは永遠のテーマ。もはやその追跡は趣味となっています。バテレン系だねと言う方も居れば、中国にそういう人種がいるよという方もおられた(びっくり本当?)。ジェイソン・ステイサムに似ていると最近よく言われるのですが、気をよくして自分から言うと「盛りすぎじゃないか」と言われる始末。

親戚は皆九州。両親は 佐賀から始まり → 福岡・北九州 → 千葉 へと移動。八幡製鉄所が東京湾に進出し新日本製鐵となる際に関東に来た系列。従いまして、私の血は完全に九州男児で間違いない。ですが、本当の九州男児と実際に接してみると、自分はそれ程の気風は持っていないかもしれない。血は九州でも標準語によって標準化された「関東男児」 。こういったものは「血」と言うより「環境」によって形成されるものだということが私自身によって証明されているのかなあと。

標準語によって標準化された「関東男児」は方言を持たない。なので、方言にとても魅力を感じる。親類から聞いたことが有るので少々しゃべれるがネイティブではない。マネしている感覚をぬぐえない。

私における「三つ子の魂百までも」の風景は “団地”。3才まで団地でその後は住宅街。ということもあり、団地の豊かな緑のオープンスペースが今でも非常に懐かしい。調査などで団地に行くこともあるのですが、「お、これこれ、この感じだよ〜」と写真を撮るくらいである。しかしながら、私が過ごしたその団地は今は無く、宅地化されて戸建て住宅が広がっているということである。昔目にした風景をもう一度見ることはできない。まあ、見れたからといってそれほど変わるものでも無いかもしれないのだけど、もう一度見てみたいという気持ちはやはりずっと持ち続けている。

団地が「美しい風景」の部類に入るかと言えば、そういう類いの物ではないと思うのですが、団地が「生まれ故郷の風景」になっていることは確かなことなのです。そういうものでさえ、何かしらの形で存在し続けてくれたら嬉しいとさえ思う。また、そういった風景が、もし伝統的集落や富士山の麓の農家だったとしたら、それはもう「三つ子の魂」は今とは全然違うのかもしれない想像してしまうわけです。実際そういうわけで、私は第二の故郷と言えるような視覚的に美しい風景をいつも探している傾向が有るのです。それが建築を含めた美しい風景を設計したいというモチュベーションにつながっていて、今の私があるのかもしれないのですが。視覚情報が私にとっては結構大事なのですよね。

私の生い立ちはそんなところです。

時代の変化等によって風景も変わる。それはいいとして、変わるところと、変わらないところを分ければより良いのではないかと思いますよね。変わらないところも必要。また、もし変わってしまったとしても、変わった後の風景が美しければ、そこは誇りに思える風景になる。心の軸になる。美しい風景が増えれば誇りがモリモリ持てる。誇りを持っている人は自信にあふれる。自信を持っている人は強くぶれない。そういう人々の住む地域や国は強い。これはもう、疑問を挟む余地が無い。

そう言う私には、アイデンティティーに対する確たるものは無い。
いつも探しつつ、確認している。だから確たるものが有れば良いと願う。
それは誇りを持てる、美しい風景だと思っているのです。(完)



※注:日本人はたいてい何かが混ざっている人種と考えられます。貴方も勿論。

 

 

 

●●● ←Click here please. Thank You !

 

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________
Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所

 

| | コメント (0)

2019.06.20

■ 風景の継承はアイデンティティーを強くしないのかどうか

昨日、GSデザイン会議の総会+車座会に参加してきました。


災害復興に際して、景観(風景)に何ができるのか
ということについて議論が行われた際、
恩師内藤廣氏の疑問
「風景は、国や地域を強くしないのか、安定に寄与しないのか・・・(意訳)」
というような内容だったと思いますが、その呟きに共感する部分があり、
私もかねてより思っていることを再度思い起こした次第です。

一つ私の小さな経験談なのですが、
私がヨーロッパの一人建築視察(超貧乏旅行)に行った際、いろいろな旅行者(若者)と話した時のお話までさかのぼります。

ヨーロッパの美しい都市や建築にいくら憧れるところが有っても、やはり、世界の中で日本人が勝負するとしたら、日本人であることを軸に据えることしかあり得ないと言うか、それが自然と言うか、むしろそのことによって差別化できる、アイデンティティを主張することができる、ということに思い至るわけなのです。対等に語り合うためには、まず、しっかりと日本のこと、歴史・文化などについて知り、意見を持ち、しっかり「日本人」であることが求められる。と言うか、そうした方が良いのではないか、と感じたのです。だから、他国の美しい風景に憧れている場合じゃない、日本を誇りの持てる美しい場所にしなければ! と私自身思ったわけなのです。日本に帰って、日本の文化・歴史・芸術をもっと知りたい、知らなければと、逆にそう思って帰ってくるはめになるのです。向こうの人は結構日本に興味がある。その日本について、街並みや風景についても、自信を持って、誇りを持って話せたら、それはそれで価値のあることだと思うのですよね。他国と陸続きの大陸では、自らのアイデンティティについて自然と考えざるを得ない環境なのだと考えます。日本全体、世界全体が陸続きのようなグローバルな状況では「アイデンティティ」をより強く持っていることが、必要というか、持っていて損はないというか、持っていたいと思うわけなのです。

折に触れて自らの「アイデンティティ」を確認することは、
強い個人をつくるために、不可欠なのではないかと思います。
それは地域においても同じ事なのではないかと。

その、しっかりした、ぶれない個人の「アイデンティティ」の形成の過程において、
個人の中に刻まれた「風景」が、結構大きく関わっているのではないかと感じているのですが、皆さんにはそんな経験は無いものでしょうか。
風景を大事にする理由として、その1つだけでも、十分説得力を持ちうるのではないかと思っているのです。


※ という私のアイデンティティは、時にブレブレです(^^)。だからこそ、そう思うわけなのですよね。



>次回に続く。

 

 

●●● ←Click here please. Thank You !

 

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________
Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所

 

| | コメント (0)

2016.01.19

■ つくらない を つくる

Gsp2015no7_2

GSデザイン会議 が発行するフリーペーパー

GROUNDSCAPE paper の「風景の捉え方」

というコーナーにコラムを書かせて頂きました。

上記の画像をクリックしてご覧になれます。


“ つくらない を つくる ”

いろいろなことに参加させて頂きながら

そういうことか〜、いいな〜・・・・

個人的に気が付いた瞬間の出来事

建築の存在に惹かれ、それらを設計し

専門とする私達ですが

建築の存在は、全体の中の一部に過ぎない。

それがわかった気持ち良さ。

ニュートラルな、ゼロからの思考。


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.15

■ 白川郷へ

Img_5797600_2

依頼を受けて、富山へ町屋の視察に伺った後、

その方がマネジメントアドバイザーを務める白川郷周辺をご案内頂き、

いつかは行きたいと思っていたその場所を歩くことができました。

道行きと風景の中での全体的な佇まいがとても良い・・・・。

大分の田染荘に似た何かを感じました。

私なりの分析としては、自然の地形に沿った古い水田の割り方と、

それに沿った小径と家屋。でしょうか。

気持ちよく、両手を広げて小径を歩く。


●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.03

■ 電線地中化のほぼ定点観測

Img_3684600

1060624_img600

建築修業時代、7年住んだ京王井の頭線永福町駅、
電線の地中化が最近完了した様子。

電線を地中化してもそ〜れほど変わらないかも(?)と思っていたのですが、
ところがところが、予想以上にスッキリしており、白線外のインターロッキングも含め、変わるものだな〜〜と、認識を新たにしました。

ほぼ同じ場所からの11年前の写真を見つけて比較。
大宮八幡宮の参道に接続する商店街として似つかわしい道に変身しています。
以前は余りそう見えなかったのですが。

大宮八幡宮・和田堀公園・善福寺川公園に花見の際は、
立ち寄ってみても良いかもしれませんよ。


●●● ←Click here please. Thank You !

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.05

■ 建てない・造らない という視点

私は個人的設計活動のいっかんで、公共的視点が必要な場に出向くことも多くなりつつあります。

ここ2,3年では、奈良は吉野・徳島は丹生谷・九州は天草・東北は北岩手などなど。また、現在の地元東京世田谷区もそうです。
(ここ5,6年では、秋田の窓山、神奈川の秦野も入るでしょうか)

そこで、念のため、皆様に誤解無きよう、伝える必要があるのかもしれない、
と思い始めたことがあります。

私達は、「建てない・造らない」という視点も含めて、
総合的に物事を考えています。

「建てない・造らない」ということも
選択肢の一つとして考えられるケースとはどういう場合かといいますと、

● 生み出したいのは建築ではなく、人や自然が同居する総合的な「風景」。
● 既存の風景そのものが良いからなるべく目立たないように何かをする。
 あるいは、風景を活かすために何かをする。
● 既存の建物が良いからできるだけ活かせないか。
● 既存のコミュニティの持続のために何ができるのかを考える。
● 無駄をせずに効果的に結果を出すには何ができるかを考える。

などなど、です。

建築士だからといって、何かを建てるために訪れているわけではありません。「建築士という職能を駆使して何かできないのだろうか・・・」あるいは「建築士という職能を超えて何かできないのだろうか・・・」と皆様の力になるために訪れます。

考えた結果、結局のところ直感的に「何か雨を除ける屋根、風を遮る壁、活動を展開する床が必要では」と感じることもありますが、それには特にこだわらず、仮設でも構いませんし、空き地に植樹にテント、でも勿論良いわけです。

必要なことは、環境によって何かが変えられるかどうか、生み出せるかどうか、何か人々のコミュニケーション(ご近所付き合い)が生まれるかどうか、です。

しかしながらこの「直感的に何かを建てた方が良いと感じる」場合、恐らく一般の方々もそう思っているに違いないと感じたりもします。
なぜなら「建築」にはある種の力があると感じます。コミュニティのシンボルとしての力。何かが立ち上がっていく様、何かが風雪に耐えて存在し続ける様は人々に力を与えると感じます。

私達が建築を志したのも、同じ理由ではないかと感じています。
また、人々が自分の家を持ち、客人を招き入れたいと思うことと同じではないかと感じています。

私達は、そういうことを考える種類の人間なのです。
何卒よろしくお願い申し上げま~~す。(^^)/



●●● ←Click here please. Thank You !


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.02

■ 夏のフィールドワーク レポート

Web92_2

夏、九州熊本県は天草高浜で行われた

ワークショップに参加したメンバーのレポートがアップされました!
「よそ者」仲間が、全国から結集し、どんな「おせっかい」をし、どんな宿題を持ち帰ってきたのか、とても濃い内容になっており、読んでいてうなずくことばかり。
 
私のレポートもアップされています。
月刊杉

●●● ←Click here please. Thank You !

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.01

■ 人が集まれる広場のデザイン

Img_0852_600

Img_0854_600

先日参加した、
天草高浜フィールドワークのワークショップで
時間内に即興で描いた広場のスケッチ。
(赤いボールペンと赤マジック)

私たちのチームは実務者が集まったので、それぞれの担当を決めてからは、各自がそれぞれの意思に基づいて黙々と進めるという形となった。 限られた時間の中で、いかにイメージしやすい事例を示してあげられるかということを目標にした結果でした。

内容は、役場跡地の広場の有効利用+町中再生 『今では、人々が集まる機会も少なくなった。日常の場所として、皆が集まれる広場にしたい、観光の拠点としても考えてほしい』というSTさん他その後ろに控える街の皆さんの要望に答えるための広場。

海やそれにつながる小川が印象的な町。 小川・広場・広場の後ろに控える神社・そこからの海の眺望を一連の流れに 組み込んで魅力的な、街の中で有効に働く広場とするための提案でした。

海や川との繋がりを強化し、木を植えて木陰をつくる。その木は、人の集まる場所には欠かせない桜、川と言えば土手と緑、木々の下には小径とベンチ、土手から傾斜する広場は傾斜して観客席にもなり、様々な祭りや活動を想定する。建築は、舞台・市場・祭事・ステージなど様々な用途に使える「大きな屋根」。建築は様々な活動を受け入れる器であればよい。そんなイメージ。

時間が無くSTさんの要望に応えられたか検証する時間は無かったけれど、 STさんが肩をたたいてニコニコしながら声をかけてくれたところを見ると、 それなりに要望に応えられたのではないかと感じた。

私達が短時間で形にしたことはほんの一例に過ぎない。 どんな形でもいい。 このイメージスケッチから思い描ける様々なアクティビティを実現するために 少しでも地域が前進してくれることを切に願うのであります。

Img_0855_600

Img_0857_600_2

※ 広場の活用といったとき
仮設的な使い方ももちろん有ると私自身思いましたが、
この環境を見たとき、自分は仮設でないものが欲しいと直感的に思いました。
この直感に素直に従えば、資金が限られていても皆で力を合わせて、仮設でない拠り所を作りたいという気持ちは、理屈ではなく、人の中にある感情なんだなあと感じた。
私達が提案したことは、ハードという環境だけれど、スケッチを見て頂ければ分かるとおり、人々のソフトを想定した環境づくり、ソフトを誘発する、様々なソフトを寛容に受け入れる、大らかな器をイメージした物なのです。 建築あるいは環境はそういうものだ改めて感じた出来事。

Img_0669600

夕日を望む海

Img_0638600_2

海から川へ

Img_0647600

川へ降りる階段

Img_0742600

町の中心部へ向かう小川

Img_0743600

小川にそって建つ建物

Img_0745600

小川と住居 いい味出してます。

Img_0633600_2

川沿いに干される洗濯物

Img_0746600_2

合流地点

Img_0764600

旧役場広場と小川。奥には神社と鳥居。

Img_0765600

広場中央

Img_0766600

広場から上田家入り口が見える

Img_0790600_2

神社からの眺望(海)

Img_0793600

神社からの眺望(山)


●●● ←Click here please. Thank You !

 

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.31

■天草高浜リデザインワークショップに参加

Img_0583600

九州は熊本県天草市高浜にて、

フィールドワーク+リデザインショップに参加してきました。

それは「地域に潜む豊かな地域固有資源の魅力や味わいに直接肌で触れあいながら、一方で限界集落化していく地域社会の暮らしの不便さや少子高齢化等の問題等を直視し、その課題を丁寧に見つめ、解決への方策提言や隠された可能性へのリデザイン(課題解決型提案デザイン)を行う。」というものです。
休日を利用した2泊3日の濃密なワークショップの内容については、また改めてアップしたいと思います。


何しろ、写真で分かるように、海が! とても綺麗です。
個人的には初めて見る風景でした。
そして勿論(?)泳いできました。
夕日を望む海水浴は本当に気持ちよく、
それだけでも行った価値が有ったと“一瞬”本気で思いました。笑

Img_0778600


●●● ←Click here please. Thank You !

▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.11

■ 踊りはいいですねえ

Img_6116cut600

徳島県に林業の見学に行った際、
徳島阿波踊り空港の搭乗待合席で、
阿波踊りDVDが流れていたのを何気なく眺めていたのですが、

へえ〜〜かっこいいな〜・・・ふむふむ

私はと言えば、
今まで盆踊りの輪にすらまともに加われたことがなかったのですが、
見ている内に・・・

身体がうずいてきたな〜、いや、ちょっと踊りたいな〜。

とまで思ったかどうかは覚えていないのですが、
老若男女が楽しそうに、しなやかに、格好良く、時には激しく踊っている姿に、
何でしょうね〜感動したんですかね〜。笑

祭りにもいろいろ有ると思いますが、
個人的に、妙にシックリきました。というだけの話しなのですが。

例えば、こんな感じです ↓
3:25あたりからの部分はダンス的要素も感じられ、躍動的。
http://www.youtube.com/watch?v=UJcdBi5yS_I 

Img_6176600

言ってみれば、
この阿波踊りには、
決まり事のない自由。
自由すぎない気軽さ、

のようなものを感じたのです。

基本となる動作はシンプルなのですが、
アレンジ次第でいかようにでもなる。
若者好みの激しい踊りにでもなる。

これ全国展開したら、えらく盛りあがるんじゃなかろうか?!

と、勝手にひらめいたような気になった出来事なのでした。
祭りにおける「踊り」に、地域・日本・世界を元気にするなにかが
有るような気がしたのです。(いや、真面目に)

というか、え〜、君、祭りの楽しさ知らなかったの?
と聞かれそうですが。

・・・はい、そうです。

Img_6175600

東京に帰った後、
残念ながら神楽坂の阿波踊りは終わっていたのですが、
まず下北沢に参加してみたのです。


・・・


イェ〜イ、格好良いぞ〜、いやっほう〜い!!

とまで叫んだかどうかは定かではありませんが。笑
ハマりましたね〜。
一緒に行った娘も大喜びで、
踊りの群れに、両手を広げて突っこんでいくのを必死に食い止めてました。

Img_6167600

Img_6178600

そして今でも、
娘は自分でオムツの後ろにウチワを斜めに刺して
「ヤトサーヤットサーしようよ〜」と誘ってくるのです。
確かに背中に刺してたね! 子供の観察力は凄いですね。
時々一緒に踊ってます。





・・・・
それぞれの地域の伝統の踊りも、
元をたどれば、それも地域振興から始まったものも多いようですし、
いつかの時代に、外から取り入れたものも多く有るのではないでしょうか。

地域独自の伝統も勿論大事ですが、
あまり「独自さ」に拘ることも無いのではないだろうかとも考える。
楽しくなれればそれで良いのではないだろうか。
面白いことはドンドン取り入れて、自分たち流にアレンジしてしまう。
それが元来の日本人気質なのかもしれません。

祭りや儀式は「願い」から生まれていると聞きます。
今有る「願い」を、新たな祭りとして踊ってみても面白いのでは。

観光目的だって何だって良いと思う。それも「願い」なわけだし。
願いがあって、踊って、楽しくなって、誰かがそれに呼応すれば、
成功なんじゃなかろうか。





●●● ←Click here please. Thank You !







▲このページのTOPへ戻る
____________________________________________________________________________________________________________________________
Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所


copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.




| | コメント (0)

より以前の記事一覧