カテゴリー「■a1. 風景 と 建築」の5件の記事

2006.10.24

■ 建築の 静 と 動 <その2>

Cul_01

建築の 静と動<その1> の続き

日本の建築と風景の関係は、どちらかというとスイスの関係に近いのだと思います。日本にはスイスほどエネルギッシュな山々は身近に有りませんが、遠くの山や近くの小さな山との関係から、民家やお寺の構え、町並みが形成されていたのは皆さんもご存じかと思います。
「鎮守の森」「借景」「富士見坂」などの言葉は風景との関わりを表しています。

しかし、このような関係が成り立つのは、周りの風景がよく見えていた頃のことでしょう。
現代の都市環境や、現代の住宅街で求められるのは、恐らくもう一つの関係性になるのだと思います。建築が立ち並び、周りが見渡せなくなったとき、人間はシンボリックなものを求めるのだと思います。

現代の住宅街という環境の中で、そのような欲求が生まれてもおかしくないわけです。
現代建築がモダンを主張するのもそのような理由からかもしれません。主張するも良し、同化させるも良しです。
皆さんはどのような空間に住みたくなるのでしょうか?

勿論、解は様々存在します。冷静なのにダイナミック、シンプルなのに適度に刺激的、落ち着くけど楽しい、etc...。
選択肢は決して2極では有りません。
両極の要素を一つの空間にまとめ上げることも出来ます。

私達は、敷地と周辺環境と依頼主の欲求を総合的にお伺いし、最適な解を見つけていきたいと考えています。

※ 写真はスペイン南部グラナダの町並み。地形の起伏に沿って隆起する建築群の中心には教会の尖塔が見えている。



●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0)

■ 建築の 静 と 動 <その1>

Cul_04

建築・住宅のデザインあるいは状態には、はたして静と動のどちらの状態が求められるのでしょうか。

私はしばしば考えることが有ります。もちろん2極論ではないのは明らかですが、2極化してみることで見えてくるものも有ります。

・人間は、住む場所の内部空間に、静かな場所を求めるのか、勢いのある空間を求めるのか。

・建物の外観に、静けさを求めるのか、ダイナミズムを求めるのか。

・周囲の環境に対して同化を求めるのか、突出を求めるのか。

・自然風景あるいは都市風景の中でどう有るのが適切なのか。

・あるいは適切かどうかを超えて求めてしまう状態はどちらなのか。

私の中でとても印象に残っている経験が有ります。
それは、スイス南部の現代建築を見て回ったときのことです。私はスイス民家と風景の関係の中に面白い関係を発見して一人喜んでいました。

風景全体の印象は、とにかくむき出しの山々がエネルギッシュで、その谷間に集まる民家や街はとても「冷静」で、シンボリックな建物があまり見当たらないのです。スイスの山裾に住む人々の心のシンボル・アイデンティティは恐らく、背後にいつも佇む山々に有るのだと考えます。その風景の中では、建築がシンボリックだったり、ダイナミックである必要が無いのだと思います。きっと人間の作るシンボルなど、それらのエネルギッシュな山々を前にして、ちっぽけで、陳腐なものに感じられるに違いありません。

それに対して、フランスやスペインなど突出した山などが無い緩やかな土地には、シンボリックでダイナミックな建物が見られます。

人間は、静と動のバランスの中で何か不足している物を求め、創り上げるのだと思います。


●●● ←Click here please. Thank You !

 



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0)

2006.09.16

■ 都市住宅に風景を取り込むには

Dojunkai1Dojunkai3

これまで、風景と建築について書いてきたわけですが、それらを都市や郊外の住宅建築に当てはめることは、はたして出来るでしょうか。

住宅が建つ敷地は様々で、恵まれた自然の風景とは限らず、都市風景であったり、どこにでもある住宅街の風景であったりします。
それでも、どんな周辺環境であっても、周辺の環境を読みとり、反映させることは、そこで生活する人にとって何かしらの意味があることなのではないでしょうか。

「目に見える全ての物が風景を構成する」という考えに基づけば、風景と関わりのない建築は無いのでは無いでしょうか。

ここで言う「周辺環境を読みとる」とは、保守的に「周囲に同化させる」ことだけを指すわけでもありません。むしろ積極的に「周囲を考慮しつつ新しい関係性を提案する」ことを試みていきたいと考えています。

都市環境の中で、住宅デザインの方向性には、大きく分けて以下の3つが考えられます。

● 1. 周辺に同化させつつも、粋なデザインを施すことにより、風景の質を高めていく。
● 2. 周辺にと対比させて、適度に主張することにより、景観に新たな要素を加えていく。
● 3. 周辺と完全に切り離して、壁で囲い込み、内部空間に外部環境を内包させる。

また、先にも述べましたように、風景は外観だけを指すわけでもありません。内部空間もまた、同じように風景です。

●4. 建築内部で完結した風景を創り出す。
●5. 外部に見える風景を切り取る「額縁としての内部空間」。

という考え方もあります。

皆さんは、都市の中でどのような関係性を求めているのでしょうか?



●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

2006.09.15

■「完璧・・・」な風景

N1_01

N1_02

皆さんは、自然を前にしたとき 「完璧・・・・・」

と思った経験はないでしょうか? 自然の生み出した色・形・全体の構成など。誰がデザインしたわけでもないのにです。
人間は時に、うっかりすると、バランスの悪い不完全な物を創り出してしまいがちですが、自然が生み出した物に関しては、ほとんどそれが当てはまらないのではないか?と感じることがしばしばあります。

人間が試みることは、こと芸術に関しては、自然の生み出した美しさを再現しようとするところから出発することが多いのではないでしょうか。皆、何に心を動かされたのかを分析し、それを表現します。色を分解する・重ね合わせる・デフォルメする・多重露光する(時間という要素を加える)・数式で表す etc....

自然の生み出す形(海岸線の形・山の形・枝分かれしていく樹木の形)は、フラクタルに基づいているという話を聞いたことがあります。
そんな、誰もが共通して感動できる普遍的な、完璧な形態・風景・空間を追求し、生み出すことが出来たなら、どんなに素晴らしいでしょうか。

皆さんは、素晴らしい風景を前にして、そのように感じたことは無いでしょうか?



●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

2006.09.14

■ 建築は風景を創り出す仕事

N1_05

N1_06

建築とは、風景を創り上げる仕事なのだと思います。
皆さんは風景を見たとき、建造物の存在によって、元々の自然のままの風景よりも何か感慨深げな、あるいは感動的な風景に感じたことはないでしょうか?

自然にとって異物であるはずの建築物が、風景をより感動的にしている。感動的風景の名脇役になっている。私はそのような風景(建造物)を創って行きたいと考えています。

「風景として建築を考えている」と言っても、建築を外側からだけ考えるわけではありません。
内部空間もまた、同じように、風景です。
建築は、外観はもちろん、内部にも新たな風景を展開させることができる、おもしろく、非常にやりがいのある仕事です。

建築は人間が造りあげる物ですが、「第二の自然・地形」と考えることができます。

なぜなら、人々はその建物で、上り下りし、休み、くぐり、座り、寝転がる。
だから、どんな建物も、たとえ異物のようでも、風景になじんでしまうのではないでしょうか。
風景になじむと言うより、建築が風景を創り上げているのです。
どうせなら、感動的な建築物がいいですよね。
「日本100名山」に載るようなすばらしい建築を。

皆さんは、素晴らしい風景を前にして、そのように感じたことは無いでしょうか?


N1_11


●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.



| | コメント (0)