カテゴリー「■g1. SCENE 1:海」の8件の記事

2014.05.13

■ 天空の城

Img_4146600

東京湾の入り口
穴場な海岸にトーチカが一つ
緑に埋もれていました。
とても気持ちの良い場所で
まさに天空の城のような感じでした。

フォトジェニックだと写真を撮る息子家族から
幼い頃戦争を逃げ回った父は、立ち止まらず通り過ぎる。
ただ単に見慣れていたのか、興味がなかったのか・・・。

いずれにしても・・・
気軽に“フォトジェニック”とは言えないですよね。
こんな天気の良い日にもここに立った子持ちの父がいたに違いない。

フォトジェニックとは何だろうか。

この風景の被写体は、トーチカである必要は無かったのだと思う。
朽ちていく建物と自然との・・・何か。
人の営みと自然との・・・何か。
何だろうか・・・。

Img_4150600

Img_4166600_2





●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.28

■ 大分杵築の夕日

Img_3424_600

大分県杵築の海辺にて久々のクリアな夕日に感動。
友人とともに車を降りて走り寄る。
ここで、小さいながらも地域振興における建築の役割を考え抜くことになる。
楽しみだ。

Img_3436_600

Img_3437_600Img_3440_600

Img_3440_600_2



●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

2011.11.04

■ 国東の海と山

Img_2804_600_2

Img_2803_600

Img_2464_600

Img_2799_600

Img_2484_600

Img_2788_600

依頼を受けた現地視察と、休暇を抱き合わせて、

九州大分県は国東半島へ。久々の海。

わが娘も、思う存分砂をほじくる(笑)。

海もきれいだし、山も深い。

一番下は文殊仙寺。12年に一度の御開帳と聞き立ち寄った。

海も山も近く、古い文化の残る国東半島は、なんだかとても魅力的である。



●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (2)

2009.08.27

■ 残暑お見舞い申し上げます

Img_5124reblue

残暑お見舞い申し上げます

photo:千葉県 木更津市 小櫃川河口干潟 2008,8月撮影
    見渡す限りの干潟。素晴らしい景色。


ダジャレ好きのスギダラ本部よりコメント頂きました。
「正に木、去らず・・・」
流石です。イメージ膨らみますね。


▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.

| | コメント (0)

2007.08.21

■ 残暑お見舞い申し上げます

Img_1514re



●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

2007.03.10

■ 生と死が調和する場所

1070744_imgre_1

1070751_imgre_2

海は、生と死が調和する場所。
雄大な時の流れと、はかない時の流れが見える場所
だから惹かれるのではと考えたりします。

考え過ぎでしょうか?

寄せては返す新しい波。
陸地に向けて吹き続ける新しい風。
風が残した砂丘と風紋。
砂丘に飲み込まれ枯れてしまった木々
一方で一面に芽吹く地被植物。
生と死が調和し、生の中に有る死も風景の一部として美しくもあります。
砂や貝殻も、一つの命の終わりの姿のはずですが、
私たちはそれについて、ただ美しいとしか考えない。
これはおもしろい感情です。これが人骨だったらはたして美しいと感じるのでしょうか?
いや、きっと、美しい、ということになるのでしょうか。

この一枚の写真の中に
様々な生物の足跡が見えています。
かつて生きていた生物の痕跡も残っています。
今は死んでいても、風景の中で生きているともいえます。

自然の中に、一時描かれた足跡が、景色を構成している。

自然という大きな時間の流れの中では、人間がやることもこれと同じはずです。
ちょっと残した足跡が、美しい景色を構成していたら、いいですよね。

建築に当てはめてみましょう。

生の中に死の要素があり、それらが調和し、全体として美しい建築・・・
はたしてそんなことが出来るのでしょうか?

雄大な時間の流れと、はかない時の流れが同時に感じられる建築。
と、言い替えることも出来るでしょうか。

建築に水を用いるのは、そういうことかもしれませんね。
動かない建築に、時間・時の移ろいという要素を加える。
それによってお互いがより強調される、

動かない物に永遠を感じ
移ろう物に生を感じる



●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

2007.03.03

■ 緩やかな曲線に囲まれる場所

1070787_img_2re1080811_img_2re

海は、緩やかな曲線に囲まれる場所

この優しい曲線、隆起する曲線に

いやされ、刺激を受けます。

これらの風景に触れたとき、

造形物への創作意欲が湧き上がってくるのです。

自然の風景と建築は、

とても似たものだと

感じています。

皆さんはどう思いますか?



●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)

■ 全てが始まる空間

1070723_imgre

このシリーズでは

私の大好きな空間「海」について、

感じたことなどを書いていこうと思います。

なぜ、建築専門のコラムで「海」なのでしょうか。
私にとっては、目に見える物全てが
造形物であり、建造物(建築)なのです。
皆さんはどうですか?

「住宅」も、「その他の建築」も違いは有りません。
「心地よいと思える空間を創り出すこと」
これは全てに共通することです。

人が無条件に求めてしまう空間の中に、
人が求めるものの要素が詰まっていると考えます。
それを分析することで何か見えてくるかもしれません。

そんな、心に響く空間を、創れたら最高です。

さて、とにかく、無条件に、海が好きなのです。
気持ちをリセットさせたいときは大方行きつけの場所に行きます。
海には、新しい物が生まれようとする空気を感じます。
人間の背景に流れる広大な何かを感じることができるような気がするのです。

自分(人類)はここから生まれてきたのだな、ここが始まりなのだと思わせる何かが有ります。
海は「新しいエネルギーが流れている場所」なのだと、どこかで読んだことがあります。
それなのでしょうか。初心に戻れるような気がするのは。
なぜか自分の過去や未来や、地球や生物の歴史のことまで頭に浮かび、リセットされます。

この嵐の海の風景、全ての始まりを感じます。

こんな場所に住めたら最高です。
嵐の日に、海を望む家、建てませんか?

1070729_img_2re




●●● ←Click here please. Thank You !



▲このページのTOPへ戻る ____________________________________________________________________________________________________________________________ Kazuro Otsubo Architects  大坪和朗建築設計事務所
copyright(C) Kazuro Otsubo Architects All rights reserved.


| | コメント (0)